ドッグフードの選び方(犬種別)

ドッグフードは無添加・着色料・保存料を不使用?メリット・デメリット

更新日:

人間の食品などにも最近は「オーガニック」「ナチュラル」といった『無添加・自然派食品』が目立ちます。

愛犬の食べる食事についてもその流れはきていて、人工的なものが一切入っていない『無添加・天然素材だけ』と謳ったモグワンドッグフードをはじめとする、無添加ドッグフードも最近は多く販売されてくるようになりました。

一見、安心・安全に特化しているようですが、いまいちピンと来ないあなたに「メリット・デメリット」をまとめたいと思います。

プーちゃん
無添加?無着色?ってなに?

 

無添加ドッグフードのデメリット(わるいこと)

プーちゃん
  • 高すぎる(ホームセンターなどにドッグフードに比べて)
  • 消費期限が短い(保存できない)

高すぎる

一般的なホームセンターやスーパーなどで販売されているドッグフードに比べると、高すぎます!無添加ドッグフードは主に良質なチキンや羊のお肉を半分以上、原材料としているからです。

 

したがって、人間の食事でいうところの「国産牛ステーキ」といったイメージでしょうか。

 

本来肉食動物として考えられるわんちゃんにお肉を中心とした食事を与えることによって、毛並みや、整腸作用(うんち)、健康維持を期待できます。

 

毎日の食事を粗悪なもの(ホームセンターで大量に山積みされたお買い得ドッグフード)にして、将来、病気を患い高額な治療費を払うハメになる前にことを考えると、毎日すこしだけ高いお金で買った良質なドッグフードを与えるほうが、よっぽど安いと思います。

 

また、うちのわんちゃんにはサプリメントなども与えず、健康的にすごしています。(余計な栄養補給はいらない)

 

 

消費期限が短い・保存できない

保存料や酸化防止剤といった、添加物を一切使用していないがゆえに、保存しにくいです。

 

私がオススメするモグワンドッグフードですが、一袋1.8キログラムです。
愛犬が大きければ、ぺロリとなくなるサイズですが、小さな愛犬ですと、一ヶ月で消費するのは難しいかもしれません。

 

そのままの状態でおいておくことによって、一般的なドッグフードに比べると、カビなどが生えてしまい、可愛い愛犬に与えることができなくなってきます。

 

ジップロックに入れて小分け冷凍をオススメします。すこし面倒かもしれませんが、わんちゃんの健康のために是非やってあげましょう。節約にもなりますよ!

プーちゃん
悪いところは、高価!保存できない!だけど、大病を患うことを考えると・・・

 

 

無添加ドッグフードのメリット(いいところ)

 

プーちゃん
  • 全ての原材料が安心・安全
  • 栄養バランスが優れている

 

全ての原材料が安心・安全

日本で売られているペットフード・ドッグフードにも「ペットフード安全法」といった基準のもと販売・製造・輸入されています。

一見しっかりした基準のように見えますが、人間の食品基準では微量でも含まれてはいけない有害物質が、ペットである愛犬に与える食事には含まれていてもよいという基準です。

人間なら ペットなら その差
アフラトキシン 0.01まで 0.02 2倍
クロルピルホスメチル 0.05まで 10 200倍
ピリミホスメチル 1まで 2 2倍
マラチオン 8まで 10 1.3倍
メタミドホス 禁止 0.2 ペットOK
グリホサート 0.2 15 75倍
エトキシキン 3まで 150 75倍

人間の赤ちゃんよりも体重が軽いような愛犬もたくさんいます。そんな愛犬だからこそ微量でも有害物質が含まれいたらダイレクトに健康被害が及ぶと思うのですが・・・

 

話がそれてしまいました・・・とにかくあなたが今与えているドッグフードをご覧ください。

 

チキンミール・フィッシュミール、コーンパウダー、ミートミールなどのわけのわからないカタカナが並んでいませんか?

 

でしたら注意です。上の基準の元、販売されています。一方、モグワンドッグフードやナチュラルドッグフードにはそういった原材料は含まれていません。

 

日本のペットフード安全法よりもさらに厳しいヨーロッパ、イギリス基準で製造されたドッグフードだからです。気になった方は、公式ページをご覧ください。

☆お得な情報

人気のドッグフード「モグワン」を試食できます。

申し込む際の注意点・お得な情報をまとめました。

モグワン100円モニターで気をつける事まとめ

-ドッグフードの選び方(犬種別)

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.