知識・しつけ・介護

犬の肛門がうんちだらけ!こびりついて取れない時の対処法

投稿日:

犬のお尻にウンチがこびりついて取れない場合の対処法

「お尻の周りがウンチだらけ!」

「乾燥してこびりついて取れない!」

 

可愛い愛犬のお尻がウンチで汚れていると気になりますよね。

無理やり、こそぎ取ろうとすると、皮膚に傷を付けてしまいそうだし、毛を引っ張ってしまって、痛くしちゃいそうです。

 

では、どうやってウンチを取ればいいのか?

一番手っ取り早い方法は、

「ウンチが付いた毛を根元からハサミでカット!」

なんですが、他にも優しい方法を紹介させて頂きます。

 

スリッカーブラシラバーブラシなどの硬いブラシでとる

ちょっとだけ汚れている場合は、おもいきってそのままブラッシング。

 

乾いたウンチをそのままいつも使っている「スリッカーブラシ・ラバーブラシ」などでこそぎとる方法です。

でも、ブラシがひっかかって、毛が抜けてしまう恐れもあり、ちょっと痛いそう・・・

 

試す前に爪や指で引っ張ってみて、取れやすそうなウンチだとこのような、こそぎ取る方法がお手軽です。

 

ウェットティッシュ・温かいタオルで拭う

下痢気味でお腹を壊している時は、シャワーで洗ってしまうと余計にお腹が冷えてしまい、更に悪化する可能性があります。

濡らしたタオルを少しだけレンジであっためてあげて、

うんちが絡まったところに上をおおいます。

ある程度うんちがふやけてきたら、やさしく拭います。

毛が湿ってしまってそのままにしておくと冷えてしまうので、素早くドライヤーで乾かしてあげることも大切です。

 

ぬるま湯で洗う

あまりにも、汚れてしまっていたら、ウェットティッシュでなんかコソコソ拭いてられません。

お風呂場に連れて行ってあげて、35度前後の少しぬるいなぁと感じる程度のシャワーで。

 

乾いたうんちをふやかしてあげるとスルッととれます。

この場合も、しっかりと素早く拭いてドライヤーでサッと乾かしてあげてください。

 

ウンチがついた毛をカット

もうどうしてウンチがとれないー!って愛犬は、ウンチがついた毛の部分をバッサリカット。

 

我が家では、ウンチが毛にこびりついたときは、濡れタオルとかシャワーするよりも、はさみでジョキジョキと切っちゃってます。

愛犬にとっても、全然痛くないので嫌がったりしません。

少しぐらい毛を切ってもそんなに目立たないですし、すぐにまた生えてきます。

意外に気にならないですよ!

 

肛門周りの毛をあらかじめキレイにカットしておく

普段からこびりつかないように予防しておくことも大事。

肛門周りの毛をキレイにバリカンで刈ってもらいましょうー!

トリマーさんに「お尻の周りもしっかり刈ってください」とお願いすれば快く引き受けてくれます。

肛門周りの毛がすっきりすると、うんちがほとんどつかなくなって、すごくお手入れがラクです。

 

お腹の調子を整える

毛にうんちが絡みつく時ってだいたいお腹の調子が悪くて、柔らかいうんちの下痢気味な時ではないでしょうか?

 

普段から、胃や腸を活性化させるような、ドッグフード・ヨーグルト・犬用サプリメントでお腹の調子を整えましょう。

食べ物でお腹の調子はすごく変わるので普段から気をつけたいですね。

 

健康的なウンチはこびりつかない

犬の肛門の構造は中側の組織が飛び出しきて、ウンチが出てきてその後組織がおさまります。

するりと、健康的なうんちであれば、普段からも、実はティッシュで肛門をふかなくてもいいぐらい綺麗なんです。

もし、気になるようであれば、乾いたティッシュだとこすれる摩擦がつよいので、人間用の赤ちゃんのおしりふきなんかで、優しく拭ってあげましょう。

 

柔らかすぎるウンチや下痢気味のときは、体調が悪くなっています。

シャワーをするとお腹が冷えちゃうので、やらないほうがいいです。

体調が戻ってからでもいいですし、毛を切ってあげるほうが、負担はすくないです。

-知識・しつけ・介護
-,

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.