知識・しつけ・介護

イヌの体温の測り方。平熱は38.5~39.5度と人間より高め

更新日:

このページはイヌの体温・熱に関して書かれています。イヌの健康状態を知るうえで、体温を調べることは重要です。必ず頭に入れておきましょう。

プーちゃん
イヌの平熱は38.5~39.5度です。体温が低い38度をきる場合、危険ですので一刻もはやく病院へ!

 

イヌの体温、平熱は?測り方は肛門に体温計を挿入する

イヌの平熱は大体、38.5度~39.5度と、人間よりおよそ2度ほど高めです。イヌには全身に毛が生えているため、なかなか触っただけでは高熱かどうか把握しにくいです。

 

イヌの体温の計り方は、人用の体温計でも構いませんが、肛門に2,3センチ挿入して計測します。ですから、もしご自宅で体温を測る場合は、2人で行い安心させるため1人は体を持ってあげてリラックスさせてあげましょう。暴れないようするためしっかりと体を固定することも大事です。

 

その間にもう1人がゆっくり、まっすぐ肛門に体温計を差し込んでください。

 

中々勇気がいる作業ですし、もし手際が悪かったり、イヌが暴れてしまい、肛門を傷つけてしまう可能性もあるので、無理矢理押さえつけてまで、測らなくても構いません。

 

イヌは人間と違って体温が頻繁に上下するような生き物ではありません。体毛で覆われているため飼い主さんも触っただけでは熱があるのか、ないのかわかりにくいものです。異変を感じたら病院に連れて行ってあげるのが懸命です。

 

イヌの体温が高い場合、考えられる病気は?

イヌの場合、「発熱したからこの病気にまちがいない!」という病気はありません。「この病気だから発熱したのだろう・・・」と考えるべきです。おもに感染症にかかると、発熱する場合が多いですが、症状がオモテに出にくいので飼い主さんは気づきにくいものです。

 

体温が高い39.5度を超える場合は、明確に何か異変があるはずです。外傷があったり、てんかん、痙攣、呼吸が苦しそうと様子がおかしいようでしたら、無理に体温を測る前に病院へ連れていきましょう。素人判断が一番怖いです。

 

イヌの体温が低い場合は危険サイン!一刻も早く病院へ!

低体温は動物にとって、高熱よりも危険なサインです。命の危機が迫っている時に体温は下がります。およそ38度以下で異常と判断します。

 

ヨボヨボの高齢犬なんかは低体温が続く場合がありますが、普通の犬の体温で38度を割り込む時は注意が必要です。そんな時は、表面にも異常が出ているはずです。必ず病院に連れて行ってあげましょう。

 

体温が急激に下がったときの応急処置としては、ペットボトルなどに人間がお風呂に入るぐらいの温度のお湯(約40度)を入れて、タオルなどでくるみイヌの側に置いてあげましょう。ほんのりポカポカするぐらいで十分です。あまり熱いペットボトルを密着させると、低温やけどになるので注意しましょう。

 

犬用・動物用の体温計

イヌの体温の測り方は、人間用の体温計の先端を肛門に2,3センチ挿入します。先端にかぶせる使い捨てのカバーなども販売されていますので、衛生面で安心です。

アステック サーモカバー TC-250R 250枚
アステック (2010-09-03)
売り上げランキング: 3,722

 

また、計測中に暴れて肛門を傷つけないようするため体温計の先端が曲がるタイプの動物専用の体温計があります。こちらの商品は私も使用していて、高評価ですし、口コミも多いのでオススメです。

サーモフレックス (Thermo Flex) サーモフレックス TF8731 (動物用)
アステック (2006-06-02)
売り上げランキング: 3,061

 

 

イヌの体温、異常値まとめ

イヌの場合の体温の測り方は肛門で測るため難しいかもしれません。しかし、何度か繰り返すと意外に簡単になってくるものです。普段から平熱を把握し、様子がおかしいな?と感じたら体温を計測して、異変を察知しましょう。

-知識・しつけ・介護

Copyright© 無添加ドッグフード本当の口コミとは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.