知識・しつけ・介護

老犬にとても便利なアイテム「介護用ハーネス」は救世主となる!

投稿日:

シニア犬に介護用ハーネスを使うと幸せになれる

犬も歳を重ねると、歩くスピートが遅くなったり、体の機能が衰え、次第に動くのも嫌がるようになってきます。私達人間でもそうですね。

 

しかし、動かないままで家にじっとしているのも、さらに老化を加速させます。

トイレにもいかなくなり、やがて、そのまま寝たきりになってしまう恐れもあります。

でも、無理やりに首輪をつないで、引っ張ったところでケガするだけです。

 

安全に愛犬の歩行やトイレをサポートしてあげることができるグッズがあります。

一番おすすめしたいのが、「シニア犬用(老犬用)の介護用ハーネス」です。

 

介護用ハーネスを使うことにより

  • 体を安定させて歩くことができる
  • トイレも自分でできるようになる
  • 床ずれを防止できる

 

大型犬・中型犬・小型犬問わずに、介護用ハーネスを使用すれば、愛犬の歩行・移動などのサポートを安全にできます。

 

介護用ハーネスとは?

介護用ハーネスをつけて自立する犬

引用:https://item.rakuten.co.jp/kurowan/kaigo10/
楽天ショップより

介護用ハーネスは前足を通して背中にリードがくるようにする感じのものです。

イメージ的にスカイダイビングのときのパラシュートみたいな感じ。

体の底面からすっぽり包み込み、四本の脚は出してあげます。

飼い主は、ちょうど犬の真上からでたリードを持つようにしてサポートしてあげます。

買い物袋のような感じですね。

着脱もしやすいベスト仕様のものが多く販売されています。

 

ハーネスをつける事によってヨロヨロして歩いても人間に力で立て直してあげる事ができます。

ネット通販で介護用ハーネスを買う時はサイズに注意

小型犬に介護用ハーネスを使用している写真

引用:https://item.rakuten.co.jp/kurowan/kaigo10/
楽天ショップより

最近では、多くのペットショップでもよく見かけるようになりました。

愛犬を連れていき、試着して確かめると、サイズ選びは間違いありません。

また、介護用ハーネス専門店なんかもあるので相談してみてもいいかもしれませんね。

費用は、ネット通販よりどうしても高額になってしまいます。

 

逆に価格を抑えたい方は、ネット通販が便利ですよ。

楽天・アマゾンでも、もちろん販売されています。

種類や、サイズも多種多様です。注意したいのが、サイズ。

介護用ハーネスは、体のサイズに合ったものを選ばないと、脱げてしまったりして大変な思いをします。

 

ネットでもオーダーメイドで、ワンちゃんの体のサイズにあった介護用ハーネスを作成してくれるお店がありました。

▶オーダーメイドの介護用ハーネスを見てみる

口コミもかなりいいです。

 

介護用ハーネスってどんな時につかう?活用法

介護用ハーネスは、いろんな場面で使用することができます。

すぐに脱がせることはできますが、着せている時間のほうが、長くなってしまうぐらい便利でサポートの必需品になります。

 

散歩

大型犬が歩かなくなってしまうと、体重が重いため散歩はものすごく大変でしょう。

今までの普通のリードで散歩に連れて行くと、突然フラフラとなってしまって、重い体重のせいで事故に合ってしまうかもしれません。

介護用ハーネスで、しっかりと体を包み込んでサポートしてあげることにより、散歩もスムーズに行うことができます。

一日中、家で寝ていると、夜泣きや徘徊で、深夜に辛い思いをしている方も多いでしょう。

もちろん今まで歩いていた距離・時間を散歩するのではなく、少しの時間でも外に出るとやっぱり気分転換になります。

夜にぐっすり寝てくれるかもしれません。

 

トイレ

今までしていたトイレの場所までサポートして移動させてあげることができます。

おむつで排泄させるよりも飼い主さんもずっとラクです。

自立できなくなったしまった犬も後ろ脚の方をグイッと持ち上げることにより、汚れずに済みます。

 

床ずれ防止

体の大きな重いワンちゃんに多い床ずれ。

同じ体勢でいると、地面(床)についているほうの皮膚に圧がかかり、次第に赤くなってきたり、潰瘍ができることがあります。

そうならないために体勢を変えます。ですが体重の重い犬だと、体を動かすのも大変です。

そんな時に介護用ハーネスを付けているだけで、ゴロンと体勢を手軽に変える事ができます。

 

まとめ

犬が興奮したら徹底的に無視するようにしましょう

小さな小型犬でも、5キロ前後はあるかと思います。

ずっと抱っこしたりするとなると、飼い主さんも大変です。

夜中の徘徊や夜泣きにもノイローゼ気味になっていることでしょう。

長年連れ添ってきたワンちゃんですから、もしかしたら「あなたの気持ち」を十分理解していて、犬自身も体の自由が効かず、「どうしてなんだろう…なぜ、動かないんだろう…」と不安に思っているかもしれません。

 

介護用ハーネスを使用することにより、飼い主である「あなた」と「愛犬」の「歯がゆい・イライラ・不満」が少しでも解消されることを願います。

便利なアイテムで、少しでも悩みが和らいで優しい気持ちになれるといいですね。

-知識・しつけ・介護

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.