知識・しつけ・介護

ティーカッププードルの選び方・体重予想・ヤバイブリーダーとは?

更新日:

ティーカッププードルの選び方

ティーカッププードル・・・

手のひらサイズで目もクリクリでほんとにぬいぐるみのようで、すっごく愛らしいですよね。。。

 

成犬になっても、体重2kg以下、出生率はわずか1%未満。

私も実物は見たことがなく、まさに「激レア」ではないでしょうか。

 

高額で取引されるため、どうしても、悪徳ペットショップ・悪徳ブリーダーによっての

無理な交配・体重詐称・写真加工などによって被害に会われた方が多くネガティブなイメージが強いです。

でも、選ぶ側の責任もあります。過度な期待は禁物。

🐶ポイント

  • ティーカッププードルというのは、こういう犬なんだ・・・
  • 大きくなっても全然構わない!
  • 一般的なトイプーよりも若干小さいサイズかな?

ぐらい余裕のある気持ちで・・・。なんせ出生率1%未満ですから。

 

ペットショップの店員さんの売り文句には気をつけて!

パピー(生後3ヶ月前後)のときに、ショップでお披露目。

めちゃくちゃ小さくてヨチヨチ歩く姿に一目惚れ・・・。という方も少なくないと思います。

 

店員さんから

「大人になっても1.5kgぐらいですよ~」なんて、言われるかもしれません。

しかし、ほとんどの場合、それ以上の体重になると思います。

 

赤ちゃんの頃から、成犬時の体重なんて断言できるはずがありません。

遺伝もありますが、さらに普段食べるものであったり、毎日の散歩、生活環境・・・

 

小さい親同士の子供であっても、親よりも大きくなる子だってたくさんいます。(むしろそのほうが多いです)

兄弟でも個体差があるので、店員さんの売り文句は、鵜呑みにしないようにしましょう。

 

インターネット・ブリーダーさんにも気をつけて

インターネットで「ティーカッププードル ブリーダー」なんて検索すると、たくさんの販売サイトが出てきます。

しかし、画像だけで判断するとイタイ目にあうので注意です。

 

画像の加工は最近では簡単にできてしまい、

目の大きさ・輪郭・涙やけ修正・マズル周り・・・・すべて修正可能です。

(↓マツコ・デラックスさんの画像を加工している動画です。まるで別人ですね)

また、誕生日を偽って、サイズの小ささをアピールしたり、違う犬種と交配させたり・・・。

やりたい放題な悪徳ブリーダーが乱立しています。

 

良い・悪いブリーダーの見分け方

最低限これだけは、確認した方がいいです。

🐶ポイント

  • 動画配信している
  • トイプードルだけをブリードしている
  • 犬舎を見せてくれる
  • 動物取扱業者登録番号を聞く
  • 掲示板などで評判をみる

動画配信している

写真・画像は多く掲載されていても、先程も記載したように修正は簡単です。

しかし、動画の加工は非常に難しいです。

動き回る犬の動画を加工するとなると、プロの技術と途方もない時間がかかります。

 

一点注意したいのが、画像を寄せ集めて動画にすること。

スライドショーですね。↓こんな感じのイメージ

これも写真を修正・加工した後に、動画化しているだけなので、信用してはいけません。

実際に遊んでいたり、ご飯を食べていたり、元気な姿を確認できるような動画を掲載しているブリーダーさんは優良です。

 

トイプードルだけをブリードしている

色んな犬種をブリードしている業者さんは、信用できません・・・。

なぜかというと、中間の卸業者の可能性があるからです。

 

どこかから、仕入れてそのまま転売。犬に対して愛情もこだわりもありません。

個人のブリーダーさんなら、1,2種類の犬種のみをブリードしているところを選びましょう。

 

犬舎を見せてくれる

実際に母犬・仔犬・生活環境・飼育環境をオープンに見せてくれるブリーダーさんを選びましょう。

 

信用できないブリーダーは、まずいところを見られたくないために訪問を許可してくれません。

「実際に見たいのですが・・・?」

「親もみたいのですが・・・?」

と、聞いてみましょう。

 

自信のあるブリーダーさんなら、訪問・見学を快く引き受けてくれるハズです。

何かと理由をつけて、断られるところは・・・。

 

動物取扱業者登録番号を聞く

犬を販売しているなら、必ず、都道府県に届け出をしなければなりません。

ブリーダーも動物取扱登録番号は確実に必要です。

 

「動物取扱登録番号を教えてください」といって、しっかりメモしましょう。

そして、「都道府県〇〇 動物取扱登録番号」と検索すると、登録簿一覧のエクセルファイルなどがありますので、照らし合わせて確認しましょう。

なければ、販売してはいけませんし、罪に問われます。

 

掲示板などで評判をみる

気になったブリーダーが見つかれば、「〇〇(ブリーダー名) 評判 口コミ」などと検索してみましょう。

以前に購入された方が、掲示板などで書き込みをしているかもしれません。

 

その際も、もしかしたら、ブリーダー関係者が良い評判を自作自演で記載している可能性もあるので、たくさんの掲示板やサイトを見るようにしましょう。

 

ティーカッププードルの失敗しない選び方

最後にまとめたいと思います。

確実ではありませんが、気をつけたい点です。

🐶ポイント

  • 良いブリーダーさんを探す
  • メス犬を選ぶ
  • 6ヶ月以上のティーカッププードルを選ぶ

良いブリーダーさんとめぐり合えば、たくさんいろんな話を聞けるので安心ですね。

また、メスは、オスよりも小さくなりやすいです。

より確実にティーカッププードルを選びたいなら、体重推移が安定する、生後6ヶ月以上の子を選ぶようにしましょう。

 

ティーカッププードルの選び方まとめ

可愛いトイプードル

やっぱり可愛いうちの子★

ティーカッププードル(2kg以下)と一緒に暮らすのは、非常に難しいかもしれませんね(・_・;)

各ブリーダーさん、ペットショップ等でも経験によりサイズを予想していますが、

生後6ヶ月ぐらいまでぐんぐん成長するのが、犬です。

 

犬が大好きなら、ティーカッププードルが大きくなりすぎても手放すことはないでしょうが、

やっぱり期待が裏切られることになってしまうと、販売者に文句も言いたくなりますよね。

 

おそらく、販売者も確約できないと思うので、過度な期待は禁物です。

サイズが大きくなっても、犬に罪はありません。

大切な家族なので、健康に育ってくれたら十分!ぐらいの気持ちで迎えてあげましょう。

☆お得な情報

人気のドッグフード「モグワン」を試食できます。

申し込む際の注意点・お得な情報をまとめました。

モグワン100円モニターで気をつける事まとめ

-知識・しつけ・介護
-, , ,

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.