ドッグフードの選び方(犬種別)

【安心・安全なドッグフード】選び方を知らなきゃまずい!

更新日:

「どんなドッグフードが安全なの・・・?」

 

ほんとうにドッグフード選びって迷いますよね。

ましてやドッグフードは、「キレイにカタチの整った加工品」なので

原材料を見るだけでは、いったい中に何が入っているかわかりません・・・。

 

日本の一流メーカーが製造しているペットフードも、犬の体にとって負担となる、添加物・保存料が配合されています。

添加物・保存料を配合するメリット(良いこと)

  • 食いつきがよくなる
  • 長期保存できる・腐らない

 

デメリット(悪いこと)

  • 犬の体に悪影響がでるかも
  • 太りやすい体になるかも

しかし、最近日本でも添加物・保存料・着色料を使用していないドッグフードが販売されるようになりました。

 

「無添加で安全・安心できるドッグフード」は一般的なドッグフードよりも少し高価で、長期保存もできず、

私達飼い主にとって、扱いづらいフードですが、愛する愛犬の健康を維持するなら、非常に満足いくドッグフードです。

 

安心・安全なドッグフードの見分け方

ホームセンターなどに行くと、最近ではペットブームのためか非常に多くのドッグフードが販売されています。

 

一見同じようなパッケージでもドッグフードの値段はピンきりで、

「同じ感じだしこの安いのでいいかなぁ・・・」と思いがちですが、ちょっと待って下さい。

 

まずは、何がドッグフードの値段を決めているのかを解説したいと思います。

 

ドッグフードは大きく分けて2種類に分類されます。

一般的に普及されていて値段がとても安い方を「レギュラーフード」といい、逆に上級品で質の良いフードを「プレミアムフード」と呼びます。

プレミアムフードとは、「AAFCO」(Association of American Feed Control Officials : 米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリアしているドッグフードのことです。

 

しかし、厳密にプレミアムフードの基準というものは定義されていません。

プレミアムフードの定義も曖昧なのですが、おおざっぱにいうと、安さよりも質重視のドッグフードと考える方が無難ですね。

 

一方レギュラーフードの方は、「家畜のエサ」という考え方で大丈夫です。お腹が膨れたらそれでよいといったようなドッグフードです。

近年はペットフード安全法という法律ができたので、昔よりは酷くはありませんが、以前はかなりひどかったと思われます。

プーちゃん

『AAFCO(米国飼料検査官協会)の成犬用給与基準をクリア』等書かれていれば、ひとまず安心です。ここで注意したいのが、AAFCOは、栄養基準を決めて提供しているだけであって、審査、合否、承認等を行う団体ではありません。

したがって、「AAFCO 合格!」「AAFCO 承認!」という表記がされているペットフードは不当表示ですので、疑ったほうが無難です。

 

ドッグフードがかなり安いワケ・激安なのは裏がある

おおざっぱにいうと、プレミアムフードとレギュラーフードの2種類に分けられるドッグフードですが、安さの違いは何でしょうか?

 

やっぱり材料の原価を極力おさえるため、小麦粉や肉、とうもろこし、動物性の油脂を安価に海外から仕入れて、その激安な材料を元に加工しているのです。

 

もちろん安いのにはワケがあって、人間用に使えるような材料ではありません。粗悪な材料を使用することもあります。

 

たとえば「4Dミート」という人間の食材不可の最低ランクの肉は、加工場で廃棄されるはずの肉の副産物(骨、内臓、便がそのままの状態の腸など)も、表記上は肉と記載可能なのです。

プーちゃん

4Dミートってなに?

人間が食べるお肉の基準です。1Dミートが最高級です。4Dって最低ランクです。

お肉業者は捨てたい部分ですが、廃棄にも費用がかかります。

そんなお肉を引き取るのがペットフード業者です。両者win-winの関係ですが、消費者にとっては全然よくない話です。

本当は捨てなければならないような肉の副産物をブローカーが安く仕入れて、その材料を元にドッグフードを作りだしています。

 

とはいえ、国内のブランドメーカーもやっぱりイメージが付き物ですので、あまりにも酷い部位は最近では使用しなくなったと思います。

しかし、自社の悪いイメージをわざわざ発表なんてする会社はございません。

しっかりと自分の目で判断しましょう。

 

どんなドッグフードを選べば良いのか?

はっきりと「人が食べられる品質の原材料のみを使用しています」とか「ヒューマングレードです。」と宣言しているドッグフードは安心して大丈夫でしょう。

ドッグフードをはじめとするペットフードの規制はゆるいので、添加物や保存料などに関しても野放し状態になっています。

 

あまりに酷いものや死亡例が出た場合だと、改善されているかもしれませんが、目に見えないような悪影響がはっきり確認できない製品はそのままだと思います。

 

抗生物質、農薬、保存料、発色剤、香料、などは発がん性や内臓に悪影響を与えるケースもあり、

また、アレルギーの元となるアレルゲン物質なども普通に使われているので注意が必要です。

 

プレミアムフードの中にはこういった添加物や保存料を全く使用していないフードをウリにしているものも多数販売されています。

 

イヌの体調が優れない、いつものフードを残す、毛艶が悪くなってきた、やせ細ってきた、逆に太りすぎている・・・といった場合は思い切ってそういったプレミアムフードに切り替えるのもイヌのためだと思います。

プーちゃん

ペットフードの項目をしっかりチェック!

  1. ドッグフードなのか?キャットフードなのか?
  2. このペットフードの目的は?
  3. 内容量
  4. 給与方法、頻度、量
  5. 賞味期限、製造年月
  6. 成分表
  7. 原材料名
  8. 原産国、生産国
  9. 事業者名、名称、住所

 

100%安全なドッグフードは存在しない?

「100%安全なフードはないのか?」という質問が寄せられますが、残念ながらそういったドッグフードはないかもしれません。

人間の食品でも産地偽装、表記偽装や食中毒、異物混入に毒物混入などが横行しています。

ペットフード業界だとさらに想像ができないぐらい、悪いことをしている可能性があります。

 

2007年に中国から出荷された植物原料に、非常に猛毒な窒素化合物や殺鼠剤が混入されていました。この原料は1流メーカーに卸されて、プレミアムフードとして販売されました。

 

多くのイヌ・ネコがそのフードを食べて、数千匹死亡するといった大惨事がおきました。

最近の事なので、記憶に残っている方も多いと思います。

 

その事件後、ペットフード安全法というものが日本でも施行されましたが、先程も述べたようにやはり人間基準ではないので、100%安全ではありません。

 

しかし、プレミアムフードはレギュラーフードよりも品質では上回ります。もちろんお値段も高価です。

少しでも安全なドッグフードを与えたいなら、単純に高価なものを選ぶと良いです。

もちろん原材料をしっかり確認したうえで、わからない原材料を含んでいたら、しっかりと調べましょう。

市販されているドッグフードを全く信用できない方は、手作りのフードを作ってあげるしかありません。

 

手作りフードの注意点などもまとめていますので、よかったらご覧ください。

☆お得な情報

人気のドッグフード「モグワン」を試食できます。

申し込む際の注意点・お得な情報をまとめました。

モグワン100円モニターで気をつける事まとめ

-ドッグフードの選び方(犬種別)

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.