ドッグフードの選び方(犬種別)

激安ドッグフードを買っていはイケナイ理由【危ないドッグフード】

更新日:

激安ドッグフードがヤバイ理由

1円でも安い「激安ドッグフード」をお探しのあなた。

少し立ち止まって、ぜひこのページをみてください。

衝撃的な内容も含まれますが、きっと愛犬の人生が変わる内容となっています。

 

激安ドッグフードの真実

100g・10円のお肉

精肉店で100g/10円のお肉・・・どう?

お肉屋さんやスーパーでお肉を購入するとき、もし100g、10円の牛肉が販売されていたらどう思われますか?

100g・10円の牛肉、どう思う?

  • え?安すぎない?
  • なんでこんなに安いの?
  • 牛肉じゃないんじゃない?
  • 腐りかけの肉?

こんなふうに思っちゃいますよね。。。

これをドッグフードに置き換えてみてください。

 

激安ドッグフードって破格すぎる!コスパ最強?

ドッグフードって、ほんとに安いものだと、穀物(とうもろこし・小麦・大豆)が中心で、次にお肉(チキン・牛)です。

そういったものを粉々に加工して、1cmぐらいに固めて、乾燥させたものが、一般的なドッグフードですよね。

パッケージなどでは、美味しそうなお肉や、果物・野菜などの写真が載っています。

いかにも新鮮なドッグフードだと思いがちですが・・・お値段をみてみましょう。

 

10kg・1,000円という破格なお値段。

 

計算すると、100gあたり10円となる計算です。

 

 

激安ドッグフードのお肉・穀物って何?

最初の話に戻ると

【私達が食べるお肉で100g・10円で売られていたら警戒するよね】ってことでした。

 

ドッグフード(ペットフード)はこんなお値段で販売されています。

10kg1,000円は、安すぎる部類ですが、2,000円代、3,000円ならたくさん見つかります。

それでも、100gあたり、20円・30円というレベル。

 

どうしてこんなお値段で販売できるのでしょうか?

ココからは衝撃的です。ご注意ください。

 

激安ドッグフードのお肉・穀物は危険

腐ったみかん

腐ったみかん

ドッグフード、100gあたり10円の販売価格を実現するには、原材料をほぼ0円で仕入れなければなりません。

 

0円のお肉・・・?この時点でヤバイですよね。

その、真実は、人間が食べることのできないお肉を使うということです。

こんなお肉を【食品不適格品】といいます。

 

【4Dミート】という単語、一度目にしたことはありませんか?

4Dミート(ヤバイ肉)

  • 死亡したものの肉(DEAD)
  • 死亡しかけていたものの肉(DYING)
  • 病気であるものの肉(DISEASED)
  • 負傷しているものの肉(DISABLED)

人間が破棄するお肉ですね。

 

穀物でもそうです。とうもろこし・大豆・小麦なんて書いてあると、いっけん安全かな?と思いますが、コストはかけられません。

 

とうもろこしの芯であったり、大豆の皮であったり、小麦の葉っぱ・茎であったり・・・。

”ガラ”といわれる人間なら確実に捨てる部分です。

 

激安ドッグフードで注意しなければならない原材料一覧

原材料に含まれていたら、疑ったほうがいいものをまとめました。

  • チキンミール
  • 家禽ミール
  • チキンレバーパウダー
  • 畜産副産物
  • フィッシュミール
  • ビーフミール
  • ミートミール
  • コーンパウダー

【チキンミール】と書かれていたら、

(鶏肉のミンチかな?)と思いがちですが、【〇〇ミール】と付いていたら要注意です。

 

この場合なにが入っているかわかりません。

内蔵・骨・爪・とさか・くちばし・羽・・・とにかく人間が食べられない部位かもしれません。

はっきりと、【チキン】とだけ書いてあれば安心です。

 

【コーンパウダー】もそうです。実の部分を取り除いた部位かも。

いっけん、おいしそうな食べ物だけど、危険なんです。

 

激安ドッグフード・人工的な添加物ってどうなの?

悩む犬

しっかり検討

次に検討したほうがいい添加物を紹介します。

  • ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
  • ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
  • エトキシキン

これらは、ドッグフードを酸化させないために含まれていることが多いです。

人間の食べ物でも食品添加物として含まれていることがあります。

 

BHT・BHA

BHAは、発がん性が確認され、厚生省は使用を禁止しようとしましたが、欧米の圧力で断念した添加物です。

 

動物実験で、「発ガン性」「歩行障害」「呼吸困難」「消化器官からの出血」「肝臓のうっ血」などの可能性があることが確認されています。

 

BHTはBHAと類似した化合物です。

人間の食べ物でも、多く含まれているので、気をつけたい添加物です。

 

エトキシキン

次にエトキシキンですが、安価で防腐力が高いので、ペットフードの添加物として使用されることが多いです。

人間の食材の添加物としてはいっさい認められていません。

しかし、エトキシキンが含まれた飼料を食べた、魚・家畜を私たちは食べてしまうことになりますよね。

この場合、許容残留量は1ppm以下だとオッケーです。

 

一方、直接エトキシキンが含まれたエサを直接食べてしまう動物たちは、

キャットフードは、150ppm以下

ドッグフードは、75ppm以下

ならオッケーです。

人間の食品での使用は認められず、許容残留量でさえも1ppm以下しかだめなのに、

動物の食品だと使ってもいいということです。

体が人間の何倍も小さな、ペットにそんなものが入っていると、非常にまずいのではないでしょうか・・・?

 

激安ドッグフードの真実まとめ

ブリュッセル・グリフォンと長生き

原材料の他に物流・流通・パッケージ・人件費など様々なコストがかかりますよね・・・。

メーカーも必死になって利益を追求すると思います。商売ですから。

 

手っ取り早く、コストを削減できる部分といったら、原材料です。

さらにその粗悪な原材料を腐らせない・酸化させないために粗悪で安価な添加物を使います。

そして、きれいに成型・加工して、パッケージング。

 

今、あたえているドッグフード。もう一度裏面パッケージをみてください。

参考当サイトおすすめフード

無添加ドッグフード【モグワン】を徹底解説

-ドッグフードの選び方(犬種別)
-, ,

Copyright© 無添加ドッグフード本当の口コミとは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.