知識・しつけ・介護

災害が起こる前に!犬と備えよう・避難所・災害グッズを確認

更新日:

災害時・犬と一緒に準備・避難

予測できない身に降りかかる災害・・・。

日本は自然災害大国ですから、【もしもの時】のためにしっかり準備しておかなければなりませんね。

私たち人間の準備も必要ですが、犬にとっても備えは必要です。

決め事・心構え等も家族と一度、話し合っておきたいですね。

 

災害が起こる前の準備!

命を守るために絶対に備えて置いてほしいことをまとめました。

災害にあったときは、人間も犬もパニック状態になります。

準備万端であれば心にも余裕ができ、落ち着いて行動・対応できます。

 

しつけ

  • キャリケースになれさせる
  • 他人にも吠えさせない。慣れさせる
  • 散歩コースを変えてみる
  • 靴を履く練習
  • 名前を呼んだら来るを徹底させる

 

キャリケースになれさせる

小型犬であれば、キャリーケースに入ってもらって移動するほうが、素早い行動ができます。

普段から、キャリーケース・バッグを使っての移動を慣れさせておかないと、いざという時に入ってくれないかも・・・。

 

他人にも吠えさせない。慣れさせる

避難所での生活になると、多くの知らない人との共同生活になります。

人間も、動物も次第に極限状態でピリピリしてしまい、少しの事でストレスが爆発。

 

また、全員が全員、犬好きということはありえません。犬の鳴き声さえもイライラの原因となります。

吠え癖はしっかりと、しつけてなおしておきましょう。

 

散歩コースを変えてみる

いつも見慣れた散歩コースが、災害がおこるとガラッと変貌するかもしれません。

戸惑わないためにも、毎日いろんなところを散歩するようにしましょう。

 

靴を履く練習

先程の項目と同じように、いつもの散歩コースが災害によって変貌するかもしれません。

建物が壊れたりすると、瓦礫、ガラス等が散乱します。

裸足で歩くと、怪我をしてしまうことも。

 

災害が起こってから、靴を履かせても嫌がるワンちゃんもいます。

普段から、靴を履く練習をしておきましょう。

 

名前を呼んだら来るを徹底させる

緊急時はパニックです。名前を呼んだらすぐに戻ってくるように、何度も練習しておきましょう。

 

備蓄・備える用品

  • 鑑札・迷子札
  • 非常食・水
  • キャリーケース
  • クレート
  • ダンボール
  • タオル・新聞紙
  • ゴミ袋・スーパーの袋
  • シャンプー
  • 犬用の靴

 

鑑札・迷子札

首輪につけられるなら、今すぐつけたおいた方がいいです。

災害時にパニックなり飛び出してしまい迷子・・・なんてことも。

皮膚下に挿入するマイクロチップも検討しましょう。

 

非常食・水

救援物資が届く5日ぐらいは何もない状態かもしれません。

普段食べているドッグフードを1週間分ぐらいは小分けにしておきましょう。

また、水も持ち出せる範囲で常備。

 

キャリーケース

キャリーケースに入れないと避難所に受け入れられない場所もあります。

ワンちゃんとの移動の際も、キャリーケースに入ってもらって移動する方が、素早い行動ができます。

 

クレート

キャリーケース同様、犬を運ぶこともできるし、避難所生活でも、ワンちゃんにとって「自分の居場所」を確保することができます。

持っていない方も、コレを機に用意しておくと安心です。

 

ダンボール・新聞紙

防寒に非常に役立ちます。敷物にも使うことができます。

何かと役に立つので邪魔にならない範囲で置いておきましょう。

 

タオル

怪我したところに巻いたり、雨に濡れた体を拭いたり。

非常時は、汚れてもすぐに洗う事ができないかもしれないので、バスタオル5枚以上用意しておくと安心です。

 

薬・消毒液・ガーゼ

動物用の薬が、救援物資として入ってくるのは、おそらく数十日かかるでしょう。

持病があるなら、かかりつけの獣医さんに相談して、常にストックしておきましょう。

また、怪我をすることもあるので、消毒液・ガーゼも必須です。

 

ゴミ袋・スーパーの袋

排泄袋や、防寒、持ち運び、体が濡れないように・・・と、色々用途があり、あると便利です。

小さくたたんで大量に用意。

 

シャンプー

避難生活が長くなると、体臭がしてきます。動物のニオイを嫌がる方もいるので

1本ぐらいは常備しておきましょう。

 

犬用の靴

舗装されたアスファルトではなく、災害時は瓦礫やガラスが散乱したところを歩く可能性も。

足を守るために犬用の靴があれば安心です。

普段は履かなくても、用意しておきましょう。

 

避難ルート・避難所生活を想定

  • 避難所を確認して
  • ペットと避難できるか確認
  • 避難訓練に積極的に参加
  • 避難ルートを何通りか歩いておく
  • 離れて生活してみる

 

避難所を確認して

いざという時に、自分が避難するところがわからない・・・とならないように、災害マップなどを確認。

 

ペットと避難できるか確認

自治体・避難所によっては、ペットの受け入れができない場所があります。

事前に知っておかないと大変つらい思いをします。

お住いの、市役所・区役所の防災課に問い合わせしておきましょう。

 

避難訓練に積極的に参加

地域の合同避難訓練などは、お家のワンちゃんと一緒に積極的に参加しましょう。

ご近所の方と、顔見知りなっておくと愛犬が迷子になったときでも、気づいてくれる確率があがります。

 

避難ルートを何通りか歩いておく

災害によって、避難所まで歩いていけない場合があります。

最短ルートだけではなく、通行止めなども想定して、何通りも歩いて行ける道を確保しておきましょう。

 

犬と離れて生活してみる

避難所で離れて、別々に生活・寝るという事がおこるかもしれません。

お互いに不安で不安でストレスも溜まると思うので、

機会があれば、別で寝てみたり、数日離れるという経験をしておいたほうがいいかも。

 

犬との災害時の備え・絶対に!まとめ

あまり多すぎても持ち運ぶことができませんが、最低限必要なものを記載しました。

グッズ・常備品などは、1ヶ月に1回ぐらいは確認しておいた方がいいですね。

 

あと、心構えも大事です。準備万端であればあるほど心に余裕ができて、素早く適切な判断ができます。

災害は忘れた頃にやってきます。

「絶対だいじょうぶ!」なんてことはありえません。

手遅れ・後悔しないためにも早急に用意しておきましょう。

-知識・しつけ・介護
-, , , ,

Copyright© 無添加ドッグフード本当の口コミとは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.