未分類

犬のオナラがくさすぎる!5つの方法で改善

投稿日:

犬のオナラがくさすぎてやばい

ぷすーーーっと音がなったと思ったら、

強烈なニオイ!

ヒザの上でくつろいでいる、我が息子(愛犬)に

「おならしたでしょ?」と問いただしても、首を傾けて知らんぷり・・・。

 

なぜだか、一緒にリラックスして体をくっつけている時に限って、やられちゃうんですよね。

もう、本当に臭くてたまりません!

 

愛犬を飼っていると、強烈なおなら攻撃を食らう方も多いでしょう。

とにかく臭すぎて、体調が悪いのかな?と心配になるほどです。

 

このページは「愛犬のおならが臭すぎて何とかしたいあなた」に向けて書きました。

冒頭から変な内容ですが、かなり真面目に書いたのでぜひ参考にしてください。

 

 

早食い

勢いよくドッグフードを食べたり、水をガブガブ飲んだりすると、空気も一緒に胃の中へ取り込まれます。

 

大体はゲップとして排出されるのですが、処理しきれなかった空気が

お尻の方からおならとして出てきてしまいます。

 

そういった場合のおならは、あまりニオイがしないので気にならないでしょう。

しかし、勢いよくドッグフードを食べてしまう早食いの子は、

胃捻転などの病気を引き起こしやすいので、ゆっくり食べさせる様にしなければなりません。

 

早食いを直す対策

最近では複雑な構造をした、早食い防止用のエサ皿がたくさん販売されています。

ちょっと食べにくそうなので可哀想に見えますが、早食いはデメリットしかありませんので、そこはグッと我慢です。

 

簡単にできる方法としては、いつも食べているエサ皿にドッグフードを入れ、その上にテニスボールを置いておくと、食べにくくなり早食い防止になります。

病気になる前に対策してあげましょう。

 

食べ物が原因

ドッグフードの中には良質なたんぱく質がメインのドライフードがあります。

本来、犬は狼の子孫といわれているので、肉食動物なんです。

 

だから高タンパクでグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードは、犬のごはんに適しています。

しかし、身体に取り込んだ動物性のタンパク質は、分解される時にたくさんのガスを発生させます。

このガスがニオイの原因となるのです。

 

ですが、これは正常なことで愛犬の身体が健康で、食べ物を活発に消化できているという事です。

あまりにも臭すぎるという時は、消化不良を起こしてしまい、体内で雑菌などが繁殖している恐れがあるので注意しましょう。

 

食べ物の対策

上記にも記載しましたが、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードだと愛犬も消化しやすいので、胃や腸の消化が活発になります。

身体の健康を第一に考えるならば、こういったお肉メインのドッグフードがベストです。

 

でもお肉メインだとどうしてもオナラが臭くなってしまいます。

対策は乳酸菌がたっぷり配合されている犬用のサプリメントを混ぜたり、

もしくは、人間が食べるヨーグルトを少しだけ加えてみるのはいかがでしょうか?

 

乳酸菌は腸の活動を活発にするだけでなく、腸の中の善玉菌を増やし悪玉菌を減らしてくれるので、ニオイも少しはましになるかも。

 

我が家では、毎日ヨーグルトをあげるのはちょっとめんどくさいので、乳酸菌メインの犬用のサプリメントを2粒ずつドッグフードに混ぜてあげています。

 

 

年齢による衰え

これはどうしても避けることのできない問題ですよね。

年齢を重ねるとともに、身体の機能が低下して老化が始まります。

 

身体の筋肉が衰えてくるのと同時に、内蔵の機能も弱まってきてしまいます。

そして腸の活動も弱まり、善玉菌の減少にともない悪玉菌が繁殖します。

その結果、頻繁におならがでるようになってしまうのです。

 

老化対策

老化対策としては、なるべく体を動かしてあげることが大事です。

やっぱり年を取ると散歩に行きたがらなくなったり、家でじっとしていることも多くなってしまいます。

 

それでもやっぱり、適度な運動が一番健康に良いです。

 

昔のように走れ回ることができなくても、運動を促すようにしましょう。

また、愛犬のステージにあったドッグフードに変更する事も大切です。

若い頃よりも、食べ物の原材料や成分に気をつけてあげたいですね。

炭水化物が少なく消化しやすい、かつ、筋肉を増やすためにタンパク質が多く含まれているドッグフードに替えてあげ、よわる胃腸を支えてあげましょう。

 

ストレス

人間でも同じ症状で苦しんでいる方がたくさんいらっしゃいますよね。

ストレスによる胃痛で、胃薬を頼ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

犬もストレスで胃痛や胃炎を起こす可能性があります。

慢性化してくると、胃の機能が極端に低下するため消化不良になってしまいます。

 

消化不良が起こると、食べ物が胃や腸にそのまま溜まってしまうので、おならが増えます。

何かがストレスに感じていないかをチェックしてあげ、対策を行いましょう。

 

ストレス対策

飼っている愛犬の頭の中で、すごくストレスとなっていることがあるのかもしれません。

考えられるのは、

  • 室内の温度
  • 自分のテリトリーがない
  • 一人で寂しい
  • 遊び不足
  • 運動不足
  • 同居犬との相性
  • 人間家族との相性

など様々な要因があります。

一度つきっきりで愛犬と遊んであげながら、何がストレスの原因となっているかをつきとめてあげましょう。

 

肛門線が原因

肛門腺って愛犬を飼っている方ならば、一度は聞いたことがあると思います。

お尻の穴、肛門の周りに分泌液が溜まります。

この分泌液がかなりの臭いを発しちゃいます。

小型犬は肛門線から分泌液を出す筋力が弱いので、自分で出せずに溜まってくると、お尻をもじもじしたりこすりつけたりします。

この分泌液を放出せずにほっておくと、肛門腺が炎症を起こし、病気になってしまいます。

肛門線の絞り方対策

月に1回は肛門線を絞ってあげ、分泌液を排出させましょう。

分泌液はとっても臭いのでシャンプーする時などに、お風呂場でゆっくり絞ってあげると良いですね。

やり方は、まず片手でしっぽを真上に持ちあげます。

肛門の周り、時計で言うと4時と8時のところを、人差し指と親指でつまんで

マッサージするように軽く揉みます。

そして、そのまま下の方から肛門に向かってギュギュッとつまみます。

すると、肛門から分泌液が垂れてきます。

思いっきり力を込めて行ってしまうと、肛門線が破裂してしまう恐れがあるので、自信のない方はペットサロンや動物病院で肛門線を絞ってもらいましょう。

500円ぐらいでやってくれます。

 

▼この方の説明がすごくわかりやすかったです。

 

おならは健康のバロメーター

おならのニオイが臭すぎるからといって、一概に病気とは言えません。

人間がお肉ばかり食べている時のおならが臭いのと同様に、

タンパク質メインのドッグフードを食べている愛犬のおならが臭いのは仕方ありません。

 

犬の健康を考えると、多少のおならのニオイは我慢できますよね。

しかし、突然おならを頻繁に何度も何度もするようになったり、本当に耐えられないぐらいの悪臭であれば、病気の可能性があります。

気になる様であれば、かかりつけの獣医さんに相談した方が良いでしょう。

-未分類
-, ,

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.