ドッグフードの選び方(犬種別)

犬の餌・ドッグフードの選び方!?オススメは?どんなエサが

更新日:

最近では多くのドッグフードが販売されていて、飼い主さんはどれを選べばいいか迷ってしまった経験はございませんか?

 

このページでは、あなたの飼っているワンちゃんにとって適切なドッグフードの選び方を記載しています。ぜひ参考にしてください。

 

ドッグフードの選び方、基準は?

まずこのサイトでも何度もお伝えしているように、犬のドッグフードは人間の食べ物よりも農薬や有害物質の混入の恐れがあります。

 

最近、施行されたペットフード安全法というものができましたが、その法律がそもそも農薬等がはいっていても、オッケーという基準ですので、なかなか信用できません。

 

 

ドッグフードには、レギュラードッグフードとプレミアムドッグフードの2種類が存在します。

 

簡単に言うとレギュラードッグフードは、原材料も安価で販売価格もかなり安いです。多くのホームセンターやペットショップでも販売されています。

 

一方プレミアムドッグフードは、原材料にこだわって無添加、無着色料、保存料を使用していない、グレインフリー穀物不使用などとワンちゃんの健康第一に考えたフードです。

 

家庭それぞれですので、一概にプレミアムフードをあげているから、「ワンちゃんのことを考えている」とは言い切れませんが、やはりペットフードでは高価なものであればあるほど、原材料にこだわったフードとなっています。

 

ドッグフードは犬のサイズで選ぶ

犬は小型、中型、大型と分けられます。小型犬のドッグフードは小さいサイズで高カロリーなものを。

 

一方を大型犬になってくるとやはり小型犬よりも多くの量を食べます。高カロリーなものをたくさん食べてしまうと太ってしまう恐れがあるので、小型犬よりは低カロリーなドッグフードを与えるのがいいでしょう。

 

しかし最近ではどの大きさの犬でも食べれるようなドッグフードが販売されています。これだと迷うことはありませんが、パッケージの裏面などにわんちゃんに与える量が記載されているものを選びましょう。

見切れていますが、下の方に記載されています

 

だいたいワンちゃんの体重によってドッグフードを与える量はシビアに変わってきますので、しっかりと計量してわんちゃんに与えるようにしましょう。

 

意外に高カロリーすぎて、たくさん与えてしまうと太ってしまう恐れがありますし、逆に少なすぎるとだんだん痩せ細っていきます。

プーちゃん
あなたの飼っているわんちゃんは大きいですか?小さいですか?

 

ドッグフードの選び方は年齢で選ぶ?

ワンちゃんは生後6ヶ月までが子犬と言われていて次に成犬は、1歳から7歳前後、老犬は6歳からと言われています。

プーちゃん
  • 子犬・・・生後6ヶ月まで
  • 成犬・・・1歳から7歳
  • 老犬・・・6歳以降

 

高齢になってくるにつれてだんだんと運動量は基礎代謝量が低下してくるので、カロリーが高いドッグフードはそのまま食べていると太ってきてしまいます。

 

従って老犬用のドッグフードは、子犬用よりも低カロリーなものを選ぶのがベストでしょう。逆に小さい頃は、活動も活発的ですので、高カロリーでたくさんの量を食べられるようなドッグフードを選びましょう。

 

犬のサイズが同じでも年齢によって適したドッグフードが違いますので、愛犬がどの年齢か、またどれぐらい活発的かなどを判断して適切なドッグフードを選ぶことが大事だと思います。

 

 

ドッグフードはアレルギーがあるかないかで選ぶ

犬にもアレルギーがあります。その中でも多くのワンちゃんがドッグフードによる食物アレルギーが原因で苦しい思いをすることがあります。

プーちゃん
食物アレルギー・・・苦しいよぉ・・・

 

主にタンパク質を原因とした食物アレルギーが多いです。 しかしワンちゃんにとってタンパク質は非常に大事な栄養素ですので、まったくタンパク質がないようなドッグフードは存在しません。

 

日頃からワンちゃんの様子を確認して、下痢や嘔吐かゆみなどがないかしっかり見守り、もしそういった症状が現れたようでしたら、獣医に相談してドッグフードを変えた方がいいのか相談してみましょう。

 

鶏肉、鹿肉、魚など様々なタンパク質があるので、違うタンパク質を使用しているドッグフードに変えてみてまた様子をしっかり見守ることが大事です。

 

去勢手術避妊手術をしている場合にも?

去勢、避妊している犬は、していないワンちゃんよりもホルモンバランスに影響があり体質が変わっている恐れがあります。また、以前よりも太りやすくなっている可能性があります。ドッグフードもそれによって変えてあげる必要があります。

 

 

ドッグフードの選び方まとめ

細かく細分化するとこのようにドッグフードを選ぶ基準が変わってきます。

 

が、また迷ってしまう原因になるので、総合的に判断して、どのワンちゃんでも食べれるようなドッグフードを与えてあげると間違いありません。
このサイトでは2つのドッグフードをお勧めしていますのでぜひご検討ください。

 

-ドッグフードの選び方(犬種別)
-, ,

Copyright© 無添加ドッグフード本当の口コミとは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.