知識・しつけ・介護

犬に手作りのごはんを与えたい!良い食材・悪い食材

投稿日:

犬に与えても良い食材・悪い食材

私たち人間が、普段食べている食材を

  • 健康に良さそうだから
  • 食事中にほしそうにしているから
  • 美味しいものをおすそ分け

といった考えで、犬に与えるのは大変危険です。

食材によってはお腹を壊したり中毒になってしまうため気をつけましょう。

 

犬にとっていい食材は?【食べさせてもいい食材】

犬にとって食べさせても良い食材

犬にとって、栄養価も高く「食べさせてもいい食材」をリストアップしました。

犬は、本来肉食動物ですので、野菜・穀物などの消化が苦手です。

基本的に、食材の見た目が悪くなってしまいますが、ミキサーやフードプロセッサーなどで粉々にしましょう。

初めて食べさせるときは、食物アレルギーなどの心配があるので、ほんの少しだけあげて様子を見るようしましょう。

食べさせても良い食材

  • キャベツ
  • レタス
  • 大根
  • ブロッコリー
  • かぼちゃ
  • 豆腐
  • サツマイモ・サトイモ
  • バナナ
  • りんご
  • みかん
  • さくらんぼ
  • もも

 

○キャベツ・レタス・大根

犬のダイエットにも最適な食材で、ドッグフードの「かさ増し」として与えましょう。

与えるときは、大きいまま与えると胃もたれを起こしてしまうため、

細かくなりすぎないようにみじん切りで。

ゆでてもいいですが本来の目的はかさ増しですから、特に愛犬のからだに問題がなければ生のままで大丈夫です。

 

○ブロッコリー

ブロッコリーはビタミンを多く含むため、犬にとっても「老化防止」に役立ちます。

しかし常識を超える範囲を与えてしまうと、下痢や便秘になってしまうので注意が必要です。

与えるときは、農薬を落とすためにしっかりと水洗いして、塩など何も入れずにゆでて(レンジで加熱)して、できるだけ細かくしてあげましょう。

 

刻まずに与えるのは、見た目も歯ごたえも良さそうですが、体内で消化しにくいため、できれば細かくするのが無難です。

 

○かぼちゃ

かぼちゃもビタミン・カリウムを含んでいて栄養価の高い食材です。

しかしかぼちゃも繊維が多い食材ですから、与えすぎると下痢・便秘になってしまいます。

また糖質も多く、野菜のなかでもカロリーが高いため与えすぎると肥満に繋がります。

したがって「ドッグフードのかさ増し」にはなりませんので、注意しましょう。

与えるときは、しっかり茹でて、必ず種をすべて取り除き、ミキサーでスープ状にして与えましょう。

 

○豆腐

豆腐は大豆です。タンパク質・サポニン・イソフラボンなどが豊富で、健康的な体づくりや毛艶の維持につながります。

しかし、大豆アレルギーをもっている犬も多いためは、初めて食べさせる場合は少量だけにし、翌日様子を見てから。

 

○サツマイモ

生で与えると消化不良の原因となり、下痢してしまう恐れがあります。

加熱・ふやかしたりするなどして、皮を剥いてから与えましょう。

食物繊維たっぷりで、下痢気味のときに与えると整腸作用があります。

反対に、食物繊維を多く含むために消化に時間がかかるため、少量だけ。

カロリーが高く太る原因となるため与え過ぎには注意です。

 

○サトイモ

生で与えると中毒になってしまう恐れがあるため、

必ず火をとおしてミキサーなどですりつぶしてから与えましょう。

解毒作用があるといわれています。

カロリーが高いため太る原因となるため与え過ぎには注意です。

 

○バナナ

人間はバナナの皮を剥いて、生で食べることができますが、

バナナはお腹を冷やす効果があるため、レンジで少しだけ温めてから与えるようにしましょう。

低カロリーで腹持ちもいいので、おやつにぴったりです。

整腸作用があり、便の状態を良くしてくれます。

 

○りんご

皮もむかずにそのまま丸かじりはだめです。

茎、種、皮をとってあげて、薄くスライス、または摺りおろしたものを与えるようにしましょう。

りんごも整腸作用があり便の状態を良くしてくれます。

 

△みかん

ビタミン・食物繊維が多く含まれていていて、老化防止などにも期待が持てます。

与えるときは、もちろん外の皮は剥いてあげて、

消化不良にならないように薄皮・筋もできればとってあげてください。

小型犬であれば1回2粒程度で十分です。

 

△さくらんぼ

バナナと比べると、低カロリーで、低炭水化物。

1回に1粒程度、与えても大丈夫な食べ物ですが、種には有毒物質が含まれている可能性があるため

必ず実だけを与えるように。

できれば必要のない食べ物なので、与えない方が無難です。

 

△もも

与えても問題ない果物です。食物繊維が多く含まれているので、整腸作用があり便通がよくなります。

皮を剥いて、種は必ず取り除き、必ず細かく刻んでからあげるようにしましょう。

アレルギーや下痢・嘔吐などになる犬もいるので、

できればももも、与えなくて良い食べ物です。

 

犬にとってダメな食べ物【食べさせてはいけない食材】

犬にとって食べさせてはいけない食材

敏感な子は一口食べただけでも中毒となり、「最悪死んでしまう恐れ」があるので、絶対に食べないさせてはいけません。

もし食べているのに気づいてすぐ、胃の中にあるようであればすぐに吐かせます。

そしてすぐに病院でみてもらいましょう。

食べさせてはイケナイ食材

  • チョコレート
  • ネギ類
  • 魚・鶏の骨
  • レーズン・干しあんず
  • キシリトール入りガム

✕チョコレート

チョコレートはネギ類と並んで犬に食べさせてはいけない食べ物の代表格です。

板チョコ1枚食べてしまうと危険量に達してしまいます。

進行すると、興奮・失禁・てんかん・発作・発熱・痙攣・昏睡など起こります。

 

✕ネギ類

ネギ・にんにく・玉ねぎ・ニラなどは、犬にとって非常に危険です。

「アリルプロピルジスルフィド」という成分が含まれていて、血液の赤血球を破壊し

およそ2日後に血が混ざった真っ赤な尿が出てきます。

敏感な子だと、ネギ入りのお味噌汁はぺろっと一舐めしただけでも発症してしまいます。

少量でも食べてしまったらすぐに病院へ。

 

✕魚・鶏の骨

魚の骨・鶏の骨などが、胃・食道・腸を傷つけてしまい、そこから雑菌に侵され、急性腹膜炎となり死亡するケースがあります。

見ていない深夜にゴミ箱の中の残飯・骨などを漁らないように注意しましょう。

 

✕レーズン・干しあんず

干していて食べたあとに胃の中の水分により、膨張してしまうおそれがある食べ物も危険です。

胃の中でパンパンに膨れ上がり、「胃拡張」を起こしてしまいます。

またレーズンも干してあるので、胃の中で膨らんで危険なのと、さらに犬にとって腎臓への毒性があることが最近わかってきました。

類似するのものも避けるべきでしょう。

 

✕キシリトール入りガム

最近では「歯の健康」のために犬用のおやつにも微量に含まれているキシリトールですが、

犬にとっては「肝臓毒性」があります。

人間用のキシリトール入りのガムなどを食べてしまうと非常に危険という報告もされていますので、注意してください。

 

犬に食べさせても良い・悪い食べ物まとめ

私たち人間が、ご飯を食べている時にテーブルまで寄ってきて、催促してくるかもしれません。

ついつい、一口だけ・・・と私達の食事を与えてしまうのはやめましょう。

癖になってしまうと、欲望のままに自らテーブルの食べ物を引きずり下ろしてしまい、盗み食いするおそれがあります。

できれば、食事の時間は別々にして、ゲージに入ってもらうなどして、しっかり区別・対処しましょう。

 

本来、グルメな犬は存在せず、毎日ドッグフードだけを与えてるだけで十分です。

変に味を覚えてしまい、「ほしいほしい!!」とおねだりするようになると苦労します・・・。

さらにフードストライキ(味の好みによって食べない)になってしまい、

本来主食であるはずのドッグフードを食べなくなってしまうと、さらに厄介です。

 

おやつもたまにはあげたくなりますが、我慢するほうがお互いのためでしょう。

-知識・しつけ・介護
-, ,

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.