ドッグフードの選び方(犬種別)

ドッグフードはシンプルが一番!原材料名をしっかり確認することが大事

更新日:

ドッグフードの原材料名の項目を、皆さんは見たことがありますか?前回の記事で、ナチュラルドッグフードの原材料名はお見せしたのですが、とても優秀だと書きました。

IMG_7392

↑ナチュラルドッグフードの原材料。

 

とはいえ、読んでも普通は何が書かれているのかよくわかりませんよね?ナチュラルドッグフードは、ドッグフードの原材料名について何の知識のない人が読んでもわかる素材でできています。

 

これはナチュラルドッグフードがその名の通りナチュラルだからです。今回は、ドッグフードの中身の原材料についてさらに詳しく書いていきたいと思います。

含有量が一番多いものから記載される。一番最初は肉!

 

原材料名は含有量の多いものから順番に書かれています。人間の食べ物でもそうですよね。

 

そして、含有量の最も多いものとして、つまり先頭には、必ず肉の名前が載っているドッグフードが良いドッグフードということになります。

 

そこそこ値段のするドッグフードだと、大抵チキンになっていると思います。ナチュラルドッグフードなどのちょっとこだわりのあるドッグフードでは、ラムなどの別の肉名が記載されています。

 

ここが穀物になっているドッグフードはとっても危ないです。そして安いです。栄養価も高くありません。愛犬の為にもお肉の含有量が一番多いものを選んでやってください。

 

そしてこのお肉ですが、ただ単にチキンというようなシンプルな表示が優良なドッグフードになります。

 

間違っても、チキンミール、チキンパウダーというような書き方になっていないか確認して下さい。

 

チキンとチキンミール、チキンパウダーは大きな違いがあります。チキンはいわゆるチキンですが、チキンミールやチキンパウダーは、チキンの他の部分(トサカ、爪、羽など)も含めて粉々にされた何かです。

 

かろうじてチキンの肉も混ざっているかもしれないものというだけです。当然ですが、そんなものには栄養がありませんし、消化不良の原因にもなります。また、糞の量も無駄に増え、消化器を酷使するので負担もかかります。

 

ナチュラルドッグフードはラムですが、当然良質な肉以外の部分は入っていません。

動物性油脂って何?もしかして工業用の余った油かも・・・

先頭にお肉の表示があるドッグフードはそこそこ優秀です。まぁまぁ値段がするドッグフードはここはクリアしていると思います。

 

先頭のお肉の次、大抵何か穀物が入っていると思います。ナチュラルドッグフードの場合は玄米、大麦、オーツ麦...となっています。

IMG_7392

↑ナチュラルドッグフードの原材料

 

穀物は数種類入っていることがあるかと思われますが、ここにビートパルプが入っていなければそれはとても優秀なドッグフードです。ビートパルプの危険性についてはこの記事で書きました。

 

ただ、ビートパルプは賛否両論あるみたいなので、完全に悪いものだと決めつけることもできなさそうです。ドッグフードの値段を下げるためには多少必要なものなのかもしれません。

 

さて、この穀物が列挙されたところの次ですが、獣医さんが勧めているようなドッグフードでも、『動物性油脂』という表示はありませんか?

 

ドッグフードに油を使うこと自体は問題ありません。ですが、この動物性油脂という表示は非常に危ないことで有名です。

 

上のチキンミール、チキンパウダーの例と同様ですが、ぼやっとした表示でよく分からないものというのは良くありません。

 

動物性油脂とは何の油なのでしょうか?ここがきちんと『ひまわり油』など、きちんと何の油か表示されているものは優良です。

 

動物性油脂の正体は一つには、工業用の余った油なのではないかと言われています。昨今、人間の食べるお菓子にもショートニングと名前を変えて入っていたりします。
『廃油』と書かれていれば誰も食べませんから。

 

人間の食べ物でも、質の悪い油が入っているのですから、犬の食べ物なんて本当に何が入っているのかわかったものではありません。

 

ただ、動物性油脂と書かれていても、そのドッグフードのホームページには何の油か書いてあったりすることもありますので、一概に動物性油脂の表示を悪いとは言い切れませんが、安いドッグフードはほぼ間違いなく何か質の悪い油と見て間違いないようです。

 

ナチュラルドッグフードの場合、そもそも油自体使ってないようです。(または、使用量が少ない)

 

その証拠に、今は亡き17歳の犬を飼っていたのですが、歯が弱っていたので噛むことができず、ドッグフードをふやかしてやっていたのですが、通常のドッグフードをふやかすと油が多いのか冷えるとドッグフードが固まりますが、ナチュラルドッグフードはなりません。

 

ナチュラルドッグフードはお湯をかけると簡単にほぐれます。老犬には適したドッグフードと言えるでしょう。

ドッグフードも原材料名をしっかり見ることが大事

ドッグフードの原材料名に関して、これといった知識のない人でも何が入っているか明確で、シンプルでわかりやすい素朴なドッグフードが優良なドッグフードです。

 

着色料、保存料、よく分からないカタカナの化学物質の羅列はよくありません。この辺りは、人間と同じで、オーガニックのものの方が犬の体に優しいのは当然です。

 

人間でも、コンビニ弁当を毎日毎日、何年間も食べ続けると危ないように、よく分からないものが入ったドッグフードを長期間食べさせることは非常に危険です。

 

とは言え、ちょっと食べさせただけでは大きな変化はありませんし、病気になった時に食事との因果関係も明確に示せませんが、じわじわきますので、特に体の弱い犬や老犬には要注意です。

 

愛犬に長生きしてもらう為にも、是非気をつけたいところです。

☆お得な情報

人気のドッグフード「モグワン」を試食できます。

申し込む際の注意点・お得な情報をまとめました。

モグワン100円モニターで気をつける事まとめ

-ドッグフードの選び方(犬種別)

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.