知識・しつけ・介護

イヌにとって手作りフードは安心できるのか?本当に必要?

更新日:

このページでは、手作りフードに関して書いています。イヌに与える食材で注意したい点、加工方法などを記載しています。

 

飼い主であるあなたが作るフード。手作りドッグフード

市販されているドッグフードが信用出来ない方も多いかと思います。そういった場合は最終手段ですが、毎日愛犬の為に手作りのフードを与えるの事になります。

 

しかし、イヌは人間とは違いますので、注意して作らないと、お腹を壊したり、栄養が偏ってしまい痩せたり太ったり・・・

 

かなりマジメに取り組まないと帰ってイヌの調子が悪くなってしまうので、よほどのアレルギーの原因であるアレルゲンの回避ではない限り手作りフードはオススメできません。

 

プーちゃん
手作りドッグフードは、手間がかかるうえに、イヌに必要な栄養が偏りがち。

よっぽどじゃない限り、市販のドッグフードを与えるのが無難。

それでも、手作りドッグフードにこだわる方は是非下の方もご覧ください。

 

手作りドッグフード、野菜は粉々に砕くのがベター

本来、オオカミの末裔であるイヌは雑食ではなく、肉食動物です。したがって、手作りフードを与える場合は、動物性タンパク質がおもな材料です。

 

かといって、全く野菜がいらないかと言えばそうではなく、野生の肉食獣の場合は、草食動物の腸などをそのまま食べます。細かくすり潰された野菜から植物栄養を吸収するのです。

 

したがって、おうちで手作りフードを与える場合は、野菜をできるだけ細かくミキサーなどで粉砕しましょう。ゴロゴロっとしたほうが、見た目もよくて食べやすそうに見えますが、細かくすり潰したほうがイヌにとっては、植物栄養素を体内に取り込にはうってつけです。

 

プーちゃん
野菜は細かくミキサーですり潰そう。

 

 

手作りドッグフードのお肉は生?

「お肉は過熱すると、栄養素が壊れてしまうので、生肉をあげよう。」といった文言もよく見ます。たしかに野生肉食獣は、草食動物を狩り、そのまま生のお肉を食べます。

 

しかし、そう言ってしまうと、野生肉食獣は内臓、骨、全て生のまますべて食べます。生の草食動物を毎日与えるなら、それがベターかもしれませんが、一般家庭では無理ですよね?

 

また、生肉を与えて、お腹を壊したり、体調不良になってしまっては元も子もありません。生肉にこだわる必要はありませんが、先程も述べたように、本来イヌは肉食動物ですので、お肉中心の手作りフードがいいです。

 

プーちゃん
生肉にこだわる必要はありません!

 

手作りドッグフードのメニューはそんなに必要ない

人間ですと、毎日のメニューや献立は違うほうが嬉しいですよね。しかしイヌにとってはコロコロメニューを変える必要はありません。

 

何種類か食材を試してみて、食べないもの、食べるものが分かれば、同じものを上げた方がイヌにとって最善です。どんな食材をあげればいいかわからない!という方は、ドッグフードのパッケージの裏面をご覧ください。(できればプレミアムフード)

 

原材料のところに人間が食べる食材が書いてあればその食材を上げてみると良いでしょう。そうやってイヌが食べれそうなものをしらみつぶしに狭めていって、与え続けましょう。

 

しかし、一つだけのメニューですと、もし、ある栄養が不足していたら、一生摂ることはできません。多少は材料を入れ替えるべきです。

 

手作りフードはイヌにとって安心なのか?

こうなってしまうと、信頼できるドッグフードを与えるほうが楽だし、必要十分の栄養素を補えることができます。添加物や保存料などを気にすればするほど、自分で作る手作りドッグフードのほうが安心ですが、やはり相当勉強しないと難しいと思います。

 

信頼できるドッグフードというが難しいかもしれませんが、当サイトで紹介しているナチュラルドッグフードとモグワンドッグフードを一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

どちらの商品も無添加・保存料未使用のドッグフードで安心・安全だと思います。

☆お得な情報

人気のドッグフード「モグワン」を試食できます。

申し込む際の注意点・お得な情報をまとめました。

モグワン100円モニターで気をつける事まとめ

-知識・しつけ・介護

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.