犬の引っ張り癖を治す方法20選

知識・しつけ・介護

犬の引っ張り癖を治す方法・20選!

投稿日:

当サイトに犬の躾に関してお悩みが寄せられました。

 

我が家で飼っている犬がやんちゃでいつも困っています。

目に映るもの全てに好奇心旺盛で、特に散歩中が大変です。

車や人、何でも反応してしまい、追いかけようと必死になって飛び出してしまいます。

 

私もリードを引っ張って抵抗するのですが、それに対抗して引っ張り続けます。

ネットやしつけの本などをたくさん見ましたが、どの方法もうちの犬には効きません。

何かいい方法があったら教えて下さい。お願いします。

 

ベストアンサー1へジャンプ

ベストアンサー2へジャンプ

 


 

そっち行っちゃダメ、とか言葉を行ったり犬の顔色を伺ったりすると、犬は自分の意思を貫こうとするので、何も言わず、

黙って「こっちに行くんだ。文句は許さない」と強固な態度で散歩紐を引っ張って歩くと、犬も「言うこと聞かなきゃ」、と思ってくれます。

悲鳴とかは厳禁です。

 


 

グイグイですか、それは困りますね。

自分の行きたい方向に行ってしまうということは、はっきり言って飼い主さん。あなた、なめられてますよ。

主従関係ができてない。

かわいいかわいいだけではダメです。時にはビシッとしつけないと。

大型犬か小型犬かわかりませんが、まずあなたが引っ張られないようにしないといけません。

つまり、必要なのは筋トレです。特に足腰を重点的に。

いくら引っ張ってもビクともしないとわかれば、犬だって無駄なあがきはしません。

やがて威風堂々たる飼い主にひれ伏すでしょう。

頑張ってください。応援してます。

 


 

ドッグトレーナーやペットショップの店員さんに聞いてしつけてもらうのが1番適切だと思います。

自己流でしつけたり、本の知識を駆使して自分で行っても通用しない事は、今後も通用しないので、プロの人の力でなおしましょう。

 


 

散歩中、犬が主導権を握って好きなところに散歩出来るような状況にしてしまうと、犬もわがままに動いてしまいます。

まずは犬とつながっているリード短く持ち、犬の行動範囲を狭めましょう。

犬が常に自分よりも少し後を歩くような気持ちで引っ張り、自分よりも前に出てきそうになったら軽く引っ張って制すると良いと思います。

即効性は無いですが今きずよく続けていれば犬も主人を信頼してわかってくれると思います。

 


 

私もそれで困ったことがありまして、引っ張られるたびごとに【あー、痛い、痛い、痛い~】と大袈裟に大声を出していたら犬の方が心配そうにこっちを見て、以来あまり引っ張らなくなりましたよ。

飼い主さんの演技力に期待します。

 


 

引っ張りグセは、どんな犬種の犬でも必ず直ります。

歩くときはリード短く、人間の膝の横に犬が来るようにして歩きます。

訓練するときは、なるべく刺激のない広場のようなところでやると効果的です。

上手く歩けると褒めてあげて、ご褒美をその都度あげます。

歩くときに、いい子ね!とか、上手ね!とか声をかけてあげながら、時々目を合わせながら歩くようにすると、歩調が合うようになります。

 


 

成犬になってしまってからではなかなか難しいかもしれませんが、やはり最初のしつけが問題だと思います。

ただ散歩に連れて行くだけではなく、やはり公園などで訓練(しつけ)をしないといけません。

「おすわり」とか「お手」よりも、まず「ヒール」とか「マテ」を覚えさせることです。

散歩をするときも、人より先に行こうとしたら人間が止まり、一定の動作や声で「ダメ」出しをして、「ヒール」をして、できたら褒めてやる。

これを繰り返します。

根気が必要です。怒っても治りません。

 


 

我が家の犬も引っ張り癖が強くて苦労しましたが、根気強くしつけるうちに、引っ張らなくなりました。

まず、首輪を普通のものからチェーンカラーに変え、引っ張ると首が締まるようにしました。

タイミングも大事で、犬が引っ張り始めるそのタイミングでこちらが引っ張ると、その分衝撃も大きくなり、少しずつ引っ張らなくなっていきました。

試してみてください。

 


 

数年前に人から聞いて今でも多少効果が出てきたのではと感じている方法です。

まずリードの長さですが、飼い主さんの腰から地面ぐらいの長さにしましょう。

長すぎるとその分愛犬が引っ張った時の距離が伸びて危険が増します。

そして愛犬が飼い主を無視して先に先に進もうとする時、飼い主さんは自分の方へリードを引っ張る事が多いですが、これをやめてリードを上にあげるようにしてみてください。

愛犬の前足が若干浮くようになると首輪で息苦しくなり先に進もうとするのをやめるはずです。

数回では効果が出ないでしょうが愛犬の引っ張り癖が出るたびに何度も繰り返すことで犬も学習します。

ただし、愛犬の前足が長時間地面から浮くほど上に引っ張ってしまうと呼吸もつらくなりますし、勢いよくリードを引っ張ると首に負担がかかってしまうので過度に引っ張るのは絶対にやめましょう。

あとは、ちゃんとできたら褒めてあげましょう。

 

最初にもどる

 


 

はじめまして。色々ご覧になっているようなのですでにご存知の内容でしたらすいません。

私は、5歳の時に迷子になっていた大型犬の成犬を引き取りました。体重25kgくらいの子です。

それまで、リードをつけず自由に行動させるスタイルの飼育方法だったみたいで(それで迷子になった)散歩の時も最初は小さい私がリードを持つことは出来ませんでしたが、その子を保健所から引き取る時の条件が自分たちで世話をするだったのです。

それで訓練士さんにお願いし、色々教わりました。

その時教えて頂いたのが、チェーンタイプの首輪です。首がグッとしまってびっくりし、言うことを聞くようになりました。

うちの子はですが...試してみる価値はあると思います。

 


 

ワンちゃんは何かお宝の匂いを嗅ぎつけているのかも?

一度ワンちゃんの気の向くままに散歩させてみてはどうでしょう?

何か私たちには気づかないものが、そのワンちゃんには見えているのかも!

 


 

リードは長くないでしょうか?なるべく短い方がいいかと思います。(1メートルくらいが目安)

これを手に巻きつけて調節します。続いて引っ張った時の対処です。

ほとんどのワンちゃんが首にリードを付けているかと思いますが、引っ張ったときにリードをグイッと引いて歩くのを止め、「ダメ」や「NO」という言葉を使い(なるべく低い声で)、引っ張ったらダメだということを伝えましょう。

ワンちゃんが引っ張ることを辞めたら褒めてあげましょう。

なかなか最初のうちは根競べで散歩の距離も少なく時間ばかりかかってしまうでしょうけど、繰り返し伝えることによってワンちゃんにも分かってもらえるかと思います。

 


 

犬がグイグイ引っ張ってきた場合には、まずはそこで止まりましょう。

そして犬の進む方向とは逆にすすみ、「主導権はアナタではないのよ」と行動で伝えます。

最後はそれを繰り返し、出来たら褒めてあげる。もしくは大好きなおやつをあげたりすると良いですよ。

 


 

実はリードはぐいぐい引っ張っても効果がないので、心の準備をしてここぞというタイミングで力いっぱいグッ!!と引きましょう。

一回が勝負です。「行っちゃダメ」という意味合いで引っ張るのではなく、興奮している子を我に返すという感じ。ビックリして落ち着く子もいますよ。

 


 

お散歩が大好きだとどうしても興奮してしまいますよね。

そんな時のワンちゃんには声をかけようが力技に出ようが本人はお構いなし。仕方がないことです。

なので、ワンちゃんの落ち着ける環境(お部屋の中など)でリードをつけながら、声をかけて立ち止まらせることやアイコンタクトをとること、飼い主さんの足元を見て歩くペースを変えられるように訓練するのが良いかと思います。

声をかけたときに聞き入れることができるくらい落ち着いたお散歩ができることを祈っています。がんばって!

 


 

犬の我が儘になっている気がします。

方法としては、引っ張りについて行かないことです。リードを握っているのですから、飼い主さんが立ち止まり犬が引っ張ろうとしたら動かないとか、逆の方向を向いて歩き始めましょう。

言うことをきかないまま散歩癖をつけると、逆に生命の危機に陥ることも今後出てきます。ここは何度も動かない、止まる、ことを実行してみてくださいね。

 


 

一つの方法として、散歩に行く前に少し遊ばせてあげて疲れさせてから散歩へ出掛けるのはいかがでしょう。

ボール遊びをするとか、疲れていないままだと興奮して言うことも聞かず引っ張って自分の主張も出ます。

少し疲れさせてから散歩へいき、リードを引っ張られた時は動かず止まる。

これを何回か繰り返し、引っ張ったら絶対に動かないことです。忍耐強くしつけてくださいね。

 


 

はじめまして。
わたしはテリア犬を飼っています!わたしの愛犬もグイグイ引っ張るタイプのわんちゃんなのでお散歩はとても大変ですよね、、(>_<)

わたしの場合はなるべくリードを短く持ち横にぴったりとくっつけて歩かせます。

それと同時におやつの匂いを嗅がせ食べさせての繰り返しをすると少しは直るかもしれません!

 


 

とにかくリードを短く持つ。これしかありません。

自分の手にリードをぐるぐる巻きつけて歩きます。犬は自分の真横につけます。

違う方向に行きたがったら、リードを上に引っ張り首を絞める感じにします。

可愛そうですが、これを何度も繰り返している内に、たいていは治まってきます。

事実我が家の愛犬、ヨークシャテリアのオス犬がこの方法で改善しました。

やはり好奇心が強く勝手な方向に行ってしまうので、困っていたときに教えていただきました。

肝心なのは、飼い主さんの心構えです。犬は賢いので、飼い主さんの気持ちを敏感に察します。

こんな事したら可愛そうと思う気持ちはあっても、割り切ってやる事です。

結果的には、それがワンちゃんのためでもあり、飼い主さんの安全のためにもなります。

いい散歩が出来るようになるといいですね。

 


 

あなたは、気持ちの面でわんちゃんに負けては居ませんか?

引っ張りグセが出た時に「あー、また始まった、サイアク!危ないから早くやめてよね?も?なんでこんな事するの?」と、思いながら、グイグイリードを引っ張ってる姿を想像できます。

そんな姿を見てわんちゃんは、怖いとも思って居ないし、首が引っ張られて鬱陶しいな?ぐらいにしか思ってません。

あなたに怒られることよりもそこら中にある、気になる匂いに夢中です。

あなたの指示より、自分の興味が優っているのです。

 

そこで、あなたにして欲しいのが 、叩き斬られても動揺しない武士の様な座った肝です。

心頭滅却すれば、火もまた涼しの精神です。

わんちゃんが引っ張りグセを出しても、無視!無視!無視!

気づいてない顔をして、無表情でひたすら普段通りに散歩を続けます。(危ないからリードは短めに持ってね)

 

何日間か続けたいるとわんちゃんが
「え、私テンション高いけど、この人結構無じゃない?」

「なんか私だけテンション高くて恥ずかしくない?」と思うかはわかりませんが、あなたの落ち着いた態度な同調されて、落ち着いた態度の犬になっていくでしょう。

 

わんちゃんが散歩の時に気持ちが上ずって、はしゃいでしまうのは、あなたとの散歩が楽しくて仕方ないからです。

しかし、「ルールを守るんだよ」と言うことを言葉では伝わらないので態度で示してあげてください。

そして、散歩が終わったら今日もおりこうに散歩ができたね!と満面の笑みと高い声で褒めてあげてくださいね!

そのうち、引っ張って匂いを嗅ぎ歩く事よりも、お利口さんにお散歩してあなたに褒めてもらうことの方が、楽しくなってくるはずです。


-知識・しつけ・介護

Copyright© わんちゃんのこと , 2018 All Rights Reserved.