ドッグフード一覧

シニア向け(老犬)ドッグフード「ピッコロ」と「モグワン」のちがい

更新日:

シニア向けドッグフードピッコロ

「モグワン」を販売している株式会社レティシアンから、シニア向けドッグフード「ピッコロ」が販売されました。

 

>>「ピッコロ」を詳しく見る

 

販売ページを見ると、まず最初「モグワンと何が違うのかなぁ?」といった印象。

確かに、チキンとサーモンの配合量が70%とモグワンよりも多く(モグワンは50%)タンパク質多めなのかな?ぐらいの感覚でした。

おもわず、メーカーさんに

「どういった点が、ピッコロはシニア向けドッグフードなのですか?」と問い合わせしました。

 

ほんの数分で、納得のいく回答をいただきました。

メールの内容をみると、

シニア犬だけとは限らずに、「太っている愛犬」や「筋肉を付けたいわんちゃん」にもオススメできるなぁ・・・

と個人的に感じました。

 

シニア向けドッグフード・ピッコロはなぜシニア向けドッグフードなのか?

私が送った質問・・・

新商品のシニア犬向けドッグフード「ピッコロ」ですが、「モグワン」と比べると、脂質もカロリーも高いようです。

「なぜシニア犬におすすめなのか?」というポイントがあればご教授ください。

また、ピッコロとモグワンを比べた場合、「チキン・サーモンの配合量」の違いの他になにかありますか?

よろしくお願いします。

 

いただいた回答・・・

お世話になっております。
レティシアンの〇〇と申します。

この度は、ピッコロとモグワンにつきまして
お問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

こちら2商品の違いにつきましてですが、
主に「タンパク質量」と「炭水化物量」の2点がございます。

まず、ピッコロの方がタンパク質量が多いです。
ピッコロ:34.00%
モグワン:28.00%
タンパク質量がより多いということで、
衰えつつあるシニア犬の筋肉の維持につながるといえます。

また、炭水化物に関しては、ピッコロの方が少ないです。
ピッコロ:31.00%
モグワン:41.00%
こちらに関しては、より消化器官に負担をかけないのでシニア犬向きということができます。

ピッコロの質問の返信

(▲実際に回答いただいた返信内容)

おお、、、納得のご回答・・・。私の見解と合わせて、次項より詳しく解説していきます!

 

【シニア犬にオススメドッグフード】ポイント1・タンパク質が多い

モグワンとピッコロのタンパク質量を比べると、全然ちがうとのこと。

ピッコロは34%で、モグワンは28%なんです。

「ピッコロの方がタンパク質が多く、衰えつつあるシニア犬の筋肉の維持につながる」との回答をいただきました。

 

なるほど・・・。

タンパク質は、筋肉を作るのに非常に大切な成分です。

パピー犬・成犬のときよりも年齢を重ねるにつれて、やっぱり運動量は格段に落ちてきます・・・。

ジッとしてくることも多くなるでしょう。運動量が少なくなってくると、筋肉は徐々に落ちてきますよね。

そこを、タンパク質の多い食事で補い、筋肉が衰えるのを防ぐのですね。

 

シニア犬にオススメドッグフードポイント2・炭水化物が少ない

炭水化物の量もまったく違いました。ピッコロは31%、モグワンは41%です。

「炭水化物が少ないということは、犬の消化器官に負担をかけないので、シニア犬向き」との回答でした。

これも納得いきました。

 

犬の祖先はオオカミといわれていて、本来肉食動物です。

したがって、炭水化物や、穀物などの消化が苦手な子もいます。

内臓機能も衰えてくるので、さらに優しいですね。

まとめると

  • タンパク質が多めなので筋肉を作りやすい
  • 炭水化物少なめなので消化しやすい

あれ?これって「太っている子・肥満の子」や、「怪我してて歩けない子」なんかにもオススメだよね?と思いました。

全犬種対応で総合食ですから、「シニア犬(老犬)限定のドッグフード」ではありませんよね!

 

シニア犬向けドッグフード「ピッコロ」は「モグワン」よりも少し割高

チキンとサーモンが70%配合されているということで、肉食系の愛犬にはピッタリじゃん!

小さい頃から「ピッコロ」でいいじゃん!と思ったのですが、少々お高いんです・・・。

 

モグワンは1.8キロで、3,960円ですが、ピッコロは1.5キロで、3,960円です。

(どちらのドッグフードも定期コース&複数購入によって、最大20%割引)

わずかにピッコロが300グラム少ないです。

 

結局「モグワン」と「ピッコロ」どっちがいいの?

どちらの販売ページをみても、同じ工場で製造されていて、「無添加・人工的な着色料・保存料をいっさい使用していない」ので、品質にはまったく問題ないでしょう。

また、どちらも穀物不使用のグレインフリーですから、食物アレルギーにも対応しています。

 

ピッコロは少々割高なので、メーカーがいうように「7歳以上の老犬・シニア犬」になってからでも遅くはないなと。

 

でも、「早急に肥満をなんとかしたい!」という愛犬や、「怪我して歩けない」という仔犬・成犬にもピッコロをおすすめできると感じました。

 

カロリー・脂質は、「ピッコロ」のほうが高いですが、炭水化物が低い事により、ダイエット効果にも期待が持てます。

最近、人間のダイエットでも「糖質制限・炭水化物抜きダイエット」がすごく流行っていますし。

ピッコロはこんな愛犬におすすめしたい

  • 老犬・シニア犬
  • 普段から運動量の少ない愛犬
  • 肥満・太っている愛犬
  • より、肉食系の高品質なドッグフードを食べさせたい!

 

「シニア犬向けドッグフード・ピッコロ」は、アマゾン・楽天・その他店頭ではいっさい販売していません。

▼こちらのページ限定商品となります。

>>「ピッコロ」を詳しく見る

-ドッグフード一覧
-, ,

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.