犬と一緒に散歩

知識・しつけ・介護

犬が外を怖がって散歩に行きたがらない!なんとか散歩させる方法

更新日:

家の子がそうだったのですが、はじめ迎えに入れたときはなかなか散歩に行こうとせず大変でした。

室内犬で常に家の中で飼っているのですが、外を怖がり、無理やり連れて行っても、その場から動こうとしません。

 

外に散歩に行きたがらないし、さらに室内でも動くことが少ないのです。

特に歳をとっているわけでもないのに、ジッとしている事が多く、ストレスや筋力、体重がとても心配。

 

獣医からは「後ろ足の筋力が弱くて、動くのが苦手かも」と言われていました。

このまま歳をとっていったら、本当に動けなくなってしまうのではないか?と、暗い気持ちになりました。

 

でも、そのまま放っておくわけにもいきません。

長い時間はかかりましたが、なんとか外に出て散歩するようになったので、その方法を書きたいと思います。

 

抱っこしながら外に出るを繰り返した

まずは、抱っこして外の空気に慣れさせるようにしました。

抱っこしながら、家の周りをぐるぐる回るようにして、怖がりはじめたらすぐに家の中に入れてあげます。

そして帰宅後にがんばったことを褒めまくりました。

だいたい2ヶ月ぐらい徹底して毎日続けるようにしました。

抱っこしていると安心するのか次第に外への恐怖心はなくなってきたようです。

 

それからは、家の中でも、いろんな場所に興味がでてきて、活動的になってきたように思います。

 

そして次はリードつけて家の周りをぐるぐる周るようにしました。

やっぱりまだまだ道路のアスファルトは怖いのか、自分で歩いて散歩するのは、家の周りを1周するのがやっと。

すぐに家の中に入りたがります。

この時は無理にリードを引っ張らずに、自分のペースで自分の行きたいほうに歩かせてあげました。

 

家の玄関のほうに歩いて行くようなら、無理矢理外に連れ戻そうとはせずにそのまま部屋に戻るように。

あくまでも犬のペースにつきあってあげるようにしたんです。

 

次第に外を自分で歩くようになり、散歩する時間も伸びてきました。

しつけの雑誌では、「飼い主のペースで」とよく書いてありますが、怖がってブルブル震えるぐらい外が怖かったので犬の自由にさせてあげました。

 

本の知識だけではうまくいかない・・・

私自身、頑固というか、柔軟性がないということを自負しています。

犬を飼う前はたくさんの犬関連のしつけ本を購入して知識を入れたつもりです。

しかし犬も性格や体の運動能力は千差万別で、型にハマることのほうが少ないのかなと感じました。

 

犬の散歩の事を書いてあるのは、

「犬に先導させてはならない」

「行き先は飼い主が決める」

「散歩の時間も犬が覚えないようにランダムで」

と書いてありますが、うちでは真逆なことをしています。

 

犬に心構えをしっかりさせてあげて、同じような時間帯に散歩に行き、犬が先に行きたい方向にいかせています。

今では、見違えるように外に行きたがるようになったし、足の筋力も普通の犬と変わりません。

 

運動量が増えたためか食事の量も増えました。そのぶん、外で散歩するようになったので、無駄な脂肪はついていません。

いくら小型犬で室内犬といっても、やっぱり犬の健康には、散歩は非常に重要なんだなと思います。

-知識・しつけ・介護
-, ,

Copyright© わんちゃんのこと , 2018 All Rights Reserved.