ドッグフードの選び方(犬種別)

老犬・シニア犬だからこそドッグフードを見つめなおす。

更新日:

あなたのワンちゃんは今現在何歳ですか?
もし、7歳以上のワンちゃんを飼っているなら是非読んで下さい。

 

犬の人生は人間が考えているよりも速いです。あなたもご存知だと思いますが生後1年で子犬と呼ばなくなり、さらに7歳から人間でいうおじいちゃん、おばあちゃんの世代となります。

そんなわんちゃんのオススメのドッグフードといったら、やはり栄養価が高くて、
たくさん食べても太る要素が少ないフードだと思います。

 

ナチュラルドッグフードがシニア犬にオススメな理由

赤ちゃんワンちゃん~成犬までは、元気で活発だと思います。
散歩は毎日欠かさず行きたがったり、家の中でもジッとしている事が少ないでしょう。

 

しかし、だんだん大人からシニアになるにつれて、そんな元気もなくなってきます。
やっぱりそこは人間と同じですね(笑)

 

子供のときは無邪気ではしゃいでいても、だんだん落ち着いてくるものです。

 

そんな、運動不足状態のワンちゃんに、子犬~大人のときと同じようにドッグフードを与えていると、ブクと太ってしまうのは間違いありませんよね?

 

逆に老犬になるにつれて食が細り、ガツガツ食べなくなってしまうかもしれませんね。

 

しかし、シニアの犬は、普通の子犬~大人が必要とするタンパク質の量は1.5倍の量が必要とされています!だから、ナチュラルドッグフードがオススメなのです。

 

一般的なドッグフードといったら、穀物が主成分ですがナチュラルドッグフードの一番配合されているのは、ラム肉です。ラム肉は、高タンパク質、低脂肪です。(赤みの牛肉のような感じですね!)


したがって、人間でいうアスリートのような食事と同じです。

個人的には、シニア・老犬だけにオススメというわけではなく、生後7ヶ月からずーっと食べさせて上げることが健康であり続けるために重要だと思います。

-ドッグフードの選び方(犬種別)

Copyright© 無添加ドッグフード本当の口コミとは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.