知識・しつけ・介護

犬のシャンプーの選び方!オススメは?あなたは間違ってる!?

更新日:

本来犬に限らず人間以外の動物は、人間のように頭をシャンプーで洗ったり体をボディソープなどで洗ったりなんかしませんよね?

 

ですがペットとして犬を飼っている場合ずっとそのままでいると独特な獣臭がしますし、散歩から帰って来たりすれば足の裏が真っ黒になっていたりすることもあります。

 

だんだんと埃や汚れを水つけてしまって、自慢の毛並みも汚くなってきます

 

汚れてきてしまったらシャンプーして体を洗うわけですがこれは犬の為ではなく、人間の都合で体を洗っているということを忘れないようにしてください

 

 

犬の体をシャンプーで洗う、洗い方

先ほども述べたように犬の体はシャンプーで洗うようにはできていません。ゴシゴシと自分の肌のように洗ってしまうと簡単に傷ついてしまいますそこから皮膚炎になってしまい皮膚病にかかる場合もございます。

 

十分にシャンプーを泡立てて指の腹で軽く揉む程度で十分ですので、ガシガシとこすらないように丁寧に洗ってあげましょう。お湯の温度は、人間がお風呂に入る温度よりも低い方がいいです。(30℃前後)

 

 

そしてすぐにタオルで全身を包み込みやさしく水分を摂るような感じで拭いてあげましょう。ドライヤーは暑すぎないように少し距離を離して吹き付けるようにするといいです。

 

 

犬のシャンプーの頻度は1ヶ月に1,2回程度で十分です

目に見えるような汚れがない限り無理やり定期的にシャンプーする必要はありません。

 

少し臭くなってきたからといって、頻繁に体を洗うと、犬はストレスです。先ほども述べたように洗いすぎによるトラブルも発生しますので、1ヶ月に1回は絶対に洗うといったような、ことはしなくても結構です。

 

皮膚炎を抱えた犬の洗い方

皮膚炎にかかっている犬は皮膚を清潔にすることが重要です。

 

普段食べているドッグフードを変えてみたり、病院での投薬と並んでシャンプーは皮膚のトラブルを抑える上で大変重要なケアの一つです。

 

夏場の汗をかく時期には体を洗う回数を多くしないと清潔さを維持できないことが多いです。皮膚炎がひどい犬は、複数のシャンプーを使いながら3日に一回洗ったりもするぐらいです。

 

また犬種によっては乾燥した地域の犬は日本の高温多湿の気候に適用せずに辛い思いをすることが多いようです。その辺りもしっかりと含めて犬の皮膚病と向き合っていきましょう

 

犬用シャンプーには大きく分けて4種類のシャンプーがあります

犬用のシャンプーを選ぶときに、最近では非常に多くの種類の犬用シャンプーが販売されています。どれを選べばいいか悩んでしまうかもしれませんが、自分の犬にあったシャンプーを選ばないと後々大変なことになってしまうかもしれませんので、しっかりと熟読してください。

 

一般のシャンプー

一般的に販売されているシャンプーは主に犬の毛を綺麗にしたりツヤツヤにすることをアピールポイントにして販売されています。

 

これらのシャンプーは健常な皮膚を前提に生産されているので皮膚が炎症を起こしていたり、荒れていたりしている犬には悪影響を与える可能性がありますので、犬の触り心地や見た目皮膚の状態を判断して注意しながら使用してください

 

 

低刺激シャンプー

分類としては先ほど説明した一般的なシャンプーと似ています。

 

先ほどの一般的なシャンプーよりも自然由来の成分を使用していたり、天然成分を使用しています。愛犬にとって刺激がなるべく少ないようなシャンプーです。

 

少し乾燥肌になっているような愛犬や、少し皮膚が弱っているような愛犬に使用すると良いでしょう

 

薬用シャンプー

こちらは最近人気商品です。かなり多くの新製品が続々と販売されてきています。

 

残念ながら多く販売されているからといって「全てのわんちゃんに向いたシャンプー」ではなくその都度症状に合わせて選んだり、変えたりして様子を伺いながら使用する必要があります。

 

商品の数は多く販売されていますが、なかなか全てをテストするわけにはいきませんし、犬との相性もありますので、説明書を読んだりホームページを見たりパッケージの裏面を見て自分の犬にあった製品を使うようにしましょう

 

殺菌シャンプー

皮膚炎の原因となっている菌の繁殖を抑えたり改善を狙うシャンプーです。ただしこちらは殺菌成分があるからといって皮膚炎が綺麗に治るわけではありません。

 

やはり根源である菌の増殖原因を突き止め、治療する必要があります。

 

普通のシャンプーとは違い刺激も強いため、加減によっては逆に皮膚の状態を悪化させるおそれがあります。非常にデリケートな製品なので、使用する際は、十分気を付けて使用することをお勧めします。不安であれば獣医さんに聞いてみる方がいいです

 

保湿成分をうたったシャンプー

最近多くのシャンプーが開発製品化されていますが皮膚のバリア機能を保護することに重点を置いたシャンプーも出ています。

 

人間の肌のように保湿成分などを強化したり本来イヌが持っている防御力を回復させるものですが、うまくマッチするとかなり良好な結果を出しているようです。

 

また犬にも多くなってきている花粉やホコリハウスダストなどのアレルギーなどを落とす手段としても重要なので、こういったシャンプーを選ぶのもいいかもしれませんね!

 

犬用シャンプーどれを使ったらいいの?まとめ

健常な犬であれば一般的なシャンプーでも構いません。香りや保湿成分などで選んでもかまわないと思います。しかし少しでも皮膚病の疑いがあるような犬は、勝手に判断して殺菌シャンプーを使わない方がいいと思います。
なるべく獣医さんに相談してから、病院おすすめのシャンプーを使用してあげてください。

 

最後になりますが、アマゾンランキング1位で評価も非常に高いシャンプーを掲載しておきます。
レビューがかなり高評価で期待できると思います。

☆お得な情報

人気のドッグフード「モグワン」を試食できます。

申し込む際の注意点・お得な情報をまとめました。

モグワン100円モニターで気をつける事まとめ

-知識・しつけ・介護

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.