知識・しつけ・介護

愛犬が尿路結石になる前に・おやつにも注意!

更新日:

尿路結石は、人間の病気の中でも3大激痛といわれるぐらい、ひどく痛い症状です。

犬でも同じで、激痛で眠れないぐらい辛いかもしれませんね。

 

また、一度なってしまうと、再発を繰り返しやすい病気なので、なる前に日頃から、しっかりと予防するべきです。

今日からはじめられる方法をまとめました。

 

犬の尿路結石の予防法はこれ!

犬種によって、尿路結石になりやすい・なりにくい愛犬がいますが、

共通していえるのは、しっかり運動・水分補給・排泄。詳しく解説していきます。

 

お水をたくさん飲ませる

お水は常に新鮮な水道水を置いていつでも飲めるようにしておきましょう。

そして、意識して飲ませるように促してあげることも大事です。

 

水分を多く摂ることによって、おしっこの濃度を薄くします。

また、小さな結石であれば大量の水分でおしっこを流せます。

 

たくさん運動・汗をかく

たくさん運動させることによって、水を飲むようになるし

汗もかくので、ミネラルを体内から排泄できます。

 

散歩や遊びをたくさんしてあげて、しっかりと飲水させてあげましょう。

 

おしっこを我慢させない・常にできる状態に

散歩中でもおしっこを我慢させたりせずに、できる状態にしましょう。

飼い主様も後片付けを忘れずに。

 

また、家の中でもペット用トイレを設置してあげて、外だけでするのではなく、常に排泄できる状態に。

おしっこを我慢させる続けると、さらに膀胱炎になるリスクも出てきます。

好きなときに好きなだけおしっこができる環境作りを。

 

おやつを見直す・やめる

犬にとって、おやつとドッグフード(主食)の違いはありません。

したがって、栄養分がしっかりしたドッグフードを与えているならおやつは必要ありません。

 

たくさん販売されているおやつの中には、味の濃い味付けや香り付けがされている可能性があります。

味の濃いおやつを与え続けると、肝心なドッグフードを食べなくなってしまう恐れもあります。

 

おやつを与えるのではなく、安心できるドッグフードを少しずつ、1日に何度もあげるほうがいいでしょう。

 

おやつをなくすなんて、可愛そう・・・と思うよりも

結石になって激痛を味わうほうが犬にとっても飼い主様にとっても辛いです。

我が家でも一切おやつはあげていません。

 

ドッグフード

ドッグフードもおやつと同じことがいえますが、味が濃くて、いい香りがするほうが、食いつきはいいでしょう。

 

しかし、過剰にミネラル・塩分が含まれていたり、人工的な添加物・味付け・ニオイ付けされている可能性があります。

 

尿路結石になると、おしっこのphを確認して、食事療法食のドッグフードに変えなければなりません。

獣医さんもおすすめする「ロイヤルカナン 療法食 PHコントロール」が有名です。

 

尿路結石になる前なら、ロイヤルカナンは必要ないと思いますが、できれば尿路結石を防ぐようなドッグフードがベストです。

 

クランベリーはおしっこのphをコントールするのにいいとされているので、

「クランベリー配合のドッグフード」を

普段食べるドッグフードに検討してみてもいいかもしれません。

サプリメントもおすすめですよ。

 

陰部を清潔に・地面に接しやすいメス犬は特に注意

陰部・尿道から細菌が侵入して、尿道炎・膀胱炎になると、おしっこがアルカリ性に傾きます。

アルカリ性になると、ストラバイト結石となりやすいので注意です。

 

トイレの糞尿をそのままにしておくと雑菌が繁殖してしまうので、常に清潔な状態にしておくことが大事です。

また、生活環境も清潔しておいたほうが無難ですね。

 

メス犬は、陰部と地面が接地しやすいので注意が必要です。

 

愛犬の尿路結石を未然に防ぐ!まとめ

尿路結石を予防したい

激痛で苦しむ姿は見たくないですよね・・・。

基本的なことですが、

【よく運動して、よく水を飲んで、健康的な食事を摂って、たくさん排泄する】

が尿路結石を予防法です。

 

また、かかりつけの病院に定期検診に行くことが大事です。

もし、尿路結石になった場合も「早期発見・早期治療」してあげましょう。

☆お得な情報

人気のドッグフード「モグワン」を試食できます。

申し込む際の注意点・お得な情報をまとめました。

モグワン100円モニターで気をつける事まとめ

-知識・しつけ・介護
-, , ,

Copyright© わんちゃんのこと , 2017 All Rights Reserved.